松本市の世界遺産登録への動きについて
http://www.matsumoto-castle.jp/value/world-heritage
天守群での記載となると、姫路城、彦根城と合わせてのシリアルノミネーションとなる。そもそも、世界遺産は同様の遺産の中から代表的なものを選んで登録するが、この頃の城郭の代表例として既に姫路城が世界遺産リストに記載されている。また、彦根城や松江城、犬山城の5つの国宝天守を合わせて進めなければ、16世紀末から17世紀初頭にかけての天守の在り方が説明できない。しかし、彦根城は独自で世界遺産登録を狙い続けている。彦根だけが先行的に暫定リストにのるように手をあげたためではあるが、上述の理由によりまず彦根城が単体で登録されることは考え難い。また、姫路城もせっかく、姫路城という名前を冠して登録されている世界遺産から名前をはずされることは避けたいと思うのが心理。そして、そもそも、それぞれ日本の分解材として十分に価値が保護されているのであれば、なにもお金と労力をかけて世界遺産にする必要なない。むしろ世界で危機に瀕している人類の遺産を保護することに力を注ぐのが世界いいさんの制度である。しかし、専門家が日本の自治体の動きを否定しないのは、まず住民や自治体の思いを大事にしたいという心から。そして、世界遺産を目指す上でのストーリー作り、世界史的な意味付けを考慮し、多角的な視点、新たな調査を通じて、これまでにない価値を生み出すことに意義があるからだろう。

 ただ、世界遺産に登録される事態は、遺産の保護という観点だけみれば、日本にはもはや必要の手続きで、むしろ、その労力を他の登録文化財の活用等に使った方がよいという考えもあることを示しておきたい。
[2017/09/27 23:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
文化財法ん見直しに伴う行政改革について(埋蔵文化財)
文化庁にて日本の文化財法の見直しが進められている。ただ、現在の素案には同時に行政改革が必要なことにはあまり触れられていない。たとえば埋蔵文化財について。埋蔵文化財は国の開発が盛んがあったときに確立され制度化され、どの市町村にも埋蔵文化財の専門員が配置された。しかし、もう大規模開発がされているところは少ないし、実際、埋蔵文化財が埋まっている可能性がある埋蔵文化財包蔵地でも、これまでに既に近隣で発掘され確認されており、今後はよほどのことがない限り、これまでのような発見は少ないだろうことが予想される。しかも、発掘された遺物は確認後に収蔵するスペースもないため、現在では廃棄されているのが実情だ。一方で、膨大に増えた登録文化財の活用について、それを専門に取り組んでいる部署をもつ行政はない(少なくとも知らない)。さて、新たな文化財法の見直しでより活用に舵を切っていくにあたり、埋蔵文化財ばかり手厚く、全国7000人ほどいる埋蔵文化財の専門人員体制は今後も継続する必要はあるのだろうか?埋蔵文化財に伴う行政改革は一例だが、文化財法の見直しは、時代の変化に合わせて、その時代の文化財保護の要請によってつくられた行政の体制も見直す時期がきているのではないだろうか。
[2017/09/26 22:48] | 世界遺産 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東三河満喫!
今週末は、子連れで東三河にいってきました!正直、これまで新幹線で通りすぎるだけ地域だったけれども、三河湾って湾外と湾内が近接していて、海という意味では食にスポーツに最適なところだなーと、やはり地図で見るだけではわからないものが行ってみてようやく見えてくる。(地図でいうと名古屋に近いクワガタ虫の左角側)
 例えば、三河湾って日本では初めての世界的レースの場として来月大会が開かれるそう。波も安定していて風があるってのは確かになかなかないよなと。今日はクルーズ型のヨットに体験乗船。ヨットってどうして向かい風に向かって進めるのかわからなかったけれど、揚力というものがあると学びました。これ、ほぼ物理の問題。しかも、向かい風が強ければ強いほど早く進み、逆に追い風だとスピードが出ない。何か哲学的なものを感じる一日でした。

田原市の蔵王山展望台より
s_P9230086.jpg

蔵王山には子供が遊べる場所も
s_P9230081.jpg

どんぶり街道!うまいもの色々!
どんぶり街道

三河湾のヨットハーバー。世界的大会も行われるよう!
s_P9240151.jpg
s_P9240148.jpg

大アサリ、でかい!
s_P9240265.jpg

竹島は日本の領土!
s_P9240256.jpg
(独島として揉めている竹島でなく、東三河にも天然記念物の竹島がある。韓国語で書いたらバズるかな?笑)












 
[2017/09/24 20:01] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
更新用
[2017/09/20 02:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イランのトイレ事情。日本の和式トイレも残しておいて。
成田空港のトイレを今後50億かけて改修するニュースが最近ありました(写真は成田のトイレ内)この改修ではおそらく、デザイン性、綺麗さ、機能最先端を重視して、日本のトイレ製品はすごいんだぞ!と言うものを目指すのだろうけど、そこにイスラームの教えを加えないと、16億人いるムスリムの方々が気持ち良く用を足せないのではと思う。

まず、(1)イスラーム世界では用をたす姿勢は「しゃがんで」と決まっています。だから、日本ではせっせと和式から洋式に変えてますが、これはイスラームの人にとっては困った話。これでは、教えに乗っ取った完全な排泄ができなくなってしまいます。

(2)水洗が基本。トイレで女性がビデを使うように、男性も用を足した後、局部(つまり、おちんちん)は、水で洗わないといけない。

(3)祈りを捧げる時は聖なるメッカに向かって祈りますが、排便する時は逆にメッカにお尻を向けちゃだめ。イランではトイレの方向はメッカに向かないようトイレ(便器の方向)が設計されています。日本で考えるとなると設計者としては悩ましいところ、いずれ日本ではお尻を出す前に向きを変えられる便器などの開発が求められるかもしれません。

以上から、TOTOやINAXは「和式ウォシュレット(回転台付き)」の開発が急がれる。かつてウォシュレット開発時に1000人を越す女性たちがその水の当たるべき位置を決定するのに協力したように、1000人を越す男性が位置を決めるのに協力して開発するプロジェクトX的な過程を経ないといけないのだな。と。

まずは、せっせと和式トイレをせっせと洋式トイレにしなくても、むしろ、和式トイレの方が喜ばれる世界もある。思い込みの「おもてなし」になってはいけない。
[2017/08/29 02:23] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>