スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
静岡県の建築巡礼
東海道の道中に建築探訪。
いやー、建築は楽しい。常に牙は磨かなくては。


943260_10201582791430900_1398758931_n.jpg
掛川市役所(日建設計 林昌二氏)
緑のある素晴らしいロケーション。

茶畑をイメージして階段状のデザイン。執務室に打ち合わせスペースがなく、市民も市役所員もアトリウム側での打ち合わせ。働いている人も気持ちがいいし、公開性があっていいんじゃないかな。この霜取りの扇風機もきちんと機能する。温かい空気がたまる冬場に使うようだ。

1016313_10201582790870886_1150490981_n.jpg
この会議場。天井は市民と行政と手と手を合わせたようなイメージで作られたそう。空間は良いのだが、ソフト面に問題あり。パワーポイントによるプレゼンが出来ないらしく、常に書類をプリントアウトしているとのこと。→全てのテーブルにi-padを揃えておけばいいんじゃないかな。
 極めつけ。議場の真ん中のテーブルには元々速記者がいたけれど、現在は録音で対応している。しかし、この録音、、テープなんですって。。。。テープが無くなるの

で困るといっているが、ICレコーダーを1万ぐらいで買ってくれば良いだろうと思う。100万ぐらい実費をかけるだけでも、きちんとした環境を整えられると思うのだが。何処の市役所でもそうなんだとしたならば、提案する価値があるかもしれない。

なにも何千万も掛けて空間ごと変える必要はない。

994501_10201582791230895_730708860_n.jpg
裏側からみると議場と全景はこんな感じ。新幹線からも目立つ。

7967_10201582791390899_75921388_n.jpg
お茶の葉をイメージした車寄せの屋根。
プロは雨樋を見るんですが、雨の雫が足れるように葉の先から水が落ちるようになってました。
turn over


1000376_10201582790750883_432220688_n.jpg
資生堂アート・ハウス(谷口 吉生+高宮真介)
小振りだけれども、谷口さんらしくフロアのレベルを変化させて縦長の形状にも関わらず上手に動線をまとめている。豊田美術館、MOMAなどのように角部には区切られた隣の空間を覗かせる仕掛けがあり、狭さを感じさせない。展示内容は奈良美智のようや、蔡強国など世界的なアーティスト作品があり、小粒だが展示も充実。

資生堂企業館もいかに会社としてアートによるイメージを作り続けたのかが、分かる。


993293_10201582791190894_2053345101_n.jpg

ねむの木美術館。藤森照信氏の美術館は感情と五感に訴える。始めから心の中にいたような、見た瞬間に受け入れてしまうような優しさがある。秋野不矩美術館(これも傑作)では、靴を脱いで入る形式で足からの触感が印象的だったが、ここでは匂いが印象的だった。内部の木の香り、外部の草の香り。
993607_10201582790790884_1930083693_n.jpg

内部には障害のある子供の絵を展示している。子供の絵は天才的。この色彩は大人には出せない。この子供の絵を包み込むように温かく、絵と調和していた。午前中にみた谷口さんの美術館ではこの調和は生み出せないだろう。ドーム内の空間の柔らかさは、糸魚川の谷村美術館以来ぐらいの衝撃。この美術館は小振りだが世界的な傑作。


1045021_10201582791150893_1484743462_n.jpg
(旧)ねむの木こども美術館。坂茂氏作。
単純な形態で始めは「あれ?」と思ってしまったが、内部をみてみると三角形のモジュールで全てが構成されているのを見て、さすが!と納得。
1044378_10201582790470876_2132941671_n.jpg
材料は再生紙のハニカム材。展示のボックスも3角形でもよいと思うけれど、それだとやり過ぎだったのかな?展開力のある構造をもった意欲的な建築だけれども、藤森氏の後だけに子供の温かい絵を包み込む美術館とは言いがたい。

1044140_10201597345794750_1820910269_n.jpg
東山旧岸邸
旧岸信介(元総理、安倍晋三さんのお爺さん)邸は 建築家・吉田五十八によってつくられた。現代数寄屋。吉田五十八って、お父さんが58才の時に生まれた子だからだそう。山本五十六の名前の由来もそうでした。

941768_10201597346034756_1516558113_n.jpg
虎や工房。内藤廣設計。庭と一体となり、非常に素晴らしい作品。こんな空間でこそ、虎やのお菓子は美味しい。

ついでに虎や菓子寮にも行きましたが、こちらもホスピタリティーgood。

 帰り道に新東名道路を通ったが、景観が非常に美しい。特に静岡の茶畑が見える道中はそれはそれは美しい。おそらく、今年は茶畑と富士山を合わせてとる風景写真が流行るだろう。もちろん景観が綺麗という事は森を切り開いてしまったと言えるかもしれないが、それだけではない土木的工夫も随所に見られる。トンネルも東名とは違って自然に溶け込むようにデザインされている。入り口は見付けを細く、エッジだけしか見せなくしているし、崖地崩落防止の工事がなされたあとの景観修復も丁寧になされていて、近年になって緑が回復してきたのだろう。加えて、新東名のSAのサービスは格段によくなっている。粉ミルクに適した温度のお湯が出る場所、電子レンジ、授乳室などがあると、赤ん坊がいる利用客にとっては非常にありがたい。時代は少しずつ進化しているんだな。
[2013/07/06 23:51] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一級建築士の地位
自分でも何を言っているのかよく分からないが、起こったことをありのまま書くぜよ。

戸籍を新宿区役所に取りに行ったんだ。住民票と戸籍の取れる場所が違うのがは面倒の不満の話はおいておく。受付窓口で取得には本人証明の提示を求められたので、財布に入っていた一級建築士の免許を出したんだ。しかし、窓口の方曰く、上司の判断でも一級建築士免許は認められないんだそうだ。もちろん、カードには顔写真付きだ。でもさ、、区役所窓口には本人証明になるリストを掲示していて、宅建の免許や電気工事技師の免状なら証明として認めてくれるんだそうだ。一体、何でだろう?

  試験合格と共に、六万円の登録免許税って訳わからない納税をしたし、海外の例を見ても、それなりに信頼して貰える資格だとおもうのだが日本では違うのだろうか。受付の方も宅建より難しいのにとフォローを入れてくれた。しかし、自分含めて、建築士事務所協会も建築家協会もなにかあぐらをかいていたところがあるのだろうか。もっと社会に認知して貰えるように働きかけていかなきゃいけない。


 
[2013/06/07 14:55] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
Kindel for Macの使い勝手
研究の為の洋書を購入するのに、取り寄せるのでは時間がかかる。amazon.itを見てみると電子版でAmazon Kindle for Macを使った電子販売があったので使ってみる。1年前から出回っているアプリケーションなのに出ていることすら知らなかった。これを無料でダウンロードすれば、amazonで売られている電子書籍は全て読める。ただこのソフトはAMAZONの海外ver.だと表示されるのに、AMAZON.JPには出てこない。実際の電子書籍の購入はamazon.usや.itからになる。(ただ同じ本を2つのサイトでレートを換算しても値段が異なるのは、ダウンロード税が掛かるからだろうか????)

 電子書籍の値段は実際の本の2/3ぐらいの値段になる。しかも、レンタルも30日単位であるので、それを使えば半額以下となる。中身を完全に読めないまま、そこそこ値段をする本を購入するのはリスキーではあるけれども仕方ない。洋書はなかなか手に取って見られるものではないから、取り寄せでも同じこと。洋書なら中身検索が充実しているだけ、日本の書籍より親切かもしれない。

 Kindle for Macを使ってみると、もちろん字の大きさや段組みを変えたり、明るさや背景の色を変えたり、メモが付けられたり、ハイライトを付けられたりする機能があってありがたいのだけれども
(1)1ページずつの表示でスクロールが出来ない。
(加えて、日本の電子書籍は本当の本をめくっているような感じにしてくれているのと比べて機械的)
(2)文章のコピーが出来ない。
(3)プリントが出来ない。
(4)翻訳のソフトは着いているのに、英英や英独、英仏、、は着いているのに日本語の辞書は着いていない。コピーが出来ないのでネットgoogle翻訳を使うにもわざわざ打ち込まないといけない。

 等、とちょっと電子書籍ならではの不満はある。もちろん、まだパソコンで洋書を読み込むのに慣れていないせいも有るだろう。とは言え電子書籍として瞬時に洋書を取り寄せられるようになったのはありがたい。

ただ、日本の大学の研究者は現品を見せないと予算が下りないので、これから研究費使用の決済の時に説明出来ないだろう。こんな所にも、日本の手続きの負担の壁がある。スピードが求められる現代、どんどん取り残されてしまう日本の状況にこんなところからも不安がよぎる。

お試しあれ。
[2012/11/17 01:36] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
自転車バー
ブラジル、アントニーナにて、放棄されている線路を活用にあたり、自転車を改造して移動が出来ないかを検討。
そんな時に見つけたのがこのイギリスで開発された14人乗り自転車。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MvyOe4HhBKI

なんとビールサーバーが付いていて、まさに動くBar! これは車なのか、自転車なのか?自転車だとしても、飲みながらって問題じゃないのか?いや、ペダルを回しているけれども、ハンドルは別の人間だから良いのか?色々と突っ込みどころの多い自転車。調べてみると、beer bikeって一般的みたいで色々種類がある模様。日本と同じくビールを飲んで自転車を運転して行けないという法律になったが故に、それに対抗して、自転車に乗りながらビールを飲んでやるぜ!とオランダでも市民権を得ているようだ。足を動かしながらビールを飲むので酔いも回りやすいし、風景も変わりながら飲むビールは美味しいだろう。アイロニカルだけど、面白いアイデア!
29189.jpegbeer_bike.jpeg



こんな感じで、ガソリンのように飲みながら走るという自転車も発見したけれど、これは違反ですね。
http://hackedgadgets.com/2011/07/04/beer-bikes-hit-the-streets-around-the-world/
_beer_bike_17.jpeg


ちなみに
岐阜にはレールマウンテンバイクGattan Go!という旧神岡鉄道の廃線を利用した施設があるとのこと。
飛騨の山の中を専用台車に乗せたマウンテンバイクで線路を走る。
http://rail-mtb.com/
[2012/10/26 17:24] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本人と中国人と韓国人の見分け方
KANKOKU.jpg ※左から 韓国-中国-日本の芸能人の平均顔

日本人と中国人と韓国人の見分け方 という本を英文で書いたら売れると思うのだが、誰か編集担当がついたり、自費出版のための出資をしてくれないものだろうか。
 
アジア人同士だと、どの国から来たかすぐ分かるけど、ヨーロッパ人には見分けられないようだ。まぁ慣れだろうけどね。初めてインドに行ったとき、始めはインド人の種類が10パターンぐらいにしか区別付けられなかった。しかし、1ヶ月もするとこんなにも多様性が或る顔を持っている国民なのね、、、と。

犬に例えれば分かりやすいかも。ダルメシアンなんて、僕に取ってはどれもダルメシアンなんだけど、犬を飼っている人に取ってみれば、どれも全く違うんだよね。
僕は職業柄(似顔絵)人の顔をよく見るけれど、やっぱりそれぞれ特徴があるのが良く分かってきた。今ではどこの国から来たのかを80%ぐらいの確立で当てられる。この特技をなんとか本に出来ないものか。公式的な感じで書ければよいなぁ。。

見分け方その1~団体旅行者編in Europe
(1)首にスカーフをしているおばちゃんは日本人か韓国人。
(2)団体で50%以上サングラスをかけている集団だったら80%の確立で韓国人。
(3)マイクで説明していたら、80%の確立で中国人だ。
(4)Tシャツに大きなキャラクターが描かれていたら70%の確立で中国人。
(5)茶入りの透明なプラスチック水筒を持っていたら100%中国人。
、、、、
続く。
  
[2012/09/20 01:05] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。