スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「日本明治の産業遺産群」の登録に当たっての雑感

 韓国が「日本明治の産業遺産群」の反対をしていたが、これに対し、日本は諮問機関ICOMOSが「登録がふさわしい旨」を勧告したのだから、専門家の意見に従うべきだと述べていた。
 「どこの口がそんな事を言えるんだろう?」
 2年前、いくつかの産業遺産は適切な保護体制が出来ていないとして、日本イコモスの専門家は世界遺産への推薦は時期尚早であるとして反対していたのにも関わらず、内閣が独断で「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への推薦を決めた。都合の良い時だけ、専門家(イコモス)の名前を利用する。プロフェッションの軽視だ。今回の世界遺産への登録に関しても、日本イコモス委員会は蚊帳の外に置かれた。
 世界遺産委員会が迫っている現時点で、産業革命遺産が世界遺産に登録されることを望まないわけではないけれど、これまでの経緯の検証が必要。世界文化遺産を政治の道具にしたのは日本であり、将来に渡って世界遺産登録の流れに禍根を残した。しかも、軍艦島など、登録される文化遺産を今後どのように保護していくかは決まっていない。世界遺産制度にとっても、そして、日本の文化財保護制度にとっても望ましい形で進んでいない。
 登録後にお祝いモード一色になるけれど、マスコミは今回の産業革命遺産の登録によって、世界遺産の制度そのものの意義が軽視されることを報道してほしい。

 日韓併合やら、当時日本人だった方々が遺産で働いていたことが本来主題になるべきではなく、世界遺産制度を使う事によって、他の日本の文化財制度にも悪影響を与える事は避けたいということの一点のみ。僕は、単体では世界遺産に出来ないのだけれども、ストーリーを語る上で重要な遺産を世界遺産にするというものを「ストーリー遺産」と勝手に呼んでいる。産業革命遺産で語っているストーリーには1940年頃の出来事は関係ないのは確か。 世界遺産の登録はもはや度重なる政治的な横やりによって、登録するためのノミネーションファイル(理由付け)は曲芸の技になっている。 もう、どうも関係の無いところで隣国と日本が争っているのが、正直、「なんだかなぁ」という気分になる。

世界遺産は、世界遺産を通じて「人類が平和に暮らせるように」という理念をもつ。言いがかりであれ、なんであれ、争いを生むぐらいなら世界遺産にすることはないというのが一般論だろう。文化遺産の存続に問題がないのであれば、世界遺産に登録しようがしまいが、文化遺産の価値も変わらないので。
[2015/08/17 01:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
外国人観光客を迎えるにあたって
2020年の東京オリンピックに向けて、外国人へのおもてなしをどうするか様々な取り組みがなされています。外国人観光客を日本に迎えるに当たって、英語の案内や行政による店主向けのガイドブックなども配られているようです。
 しかし、そんなものより、すぐに効果がありそうなのは日本の店主のiphoneにgoogle翻訳のアプリを入れてあげる活動だろう。google翻訳アプリはオフラインでも、他言語入力によるOCR+音声自動入力+自動翻訳で大体のことはできる。この使い方の講習をしてあげた方が効果的。パンフレットを使って読むか読まれるかわからないものを作りより、人が各お店に訪れて説明する方がいい。このような説明員に話すだけで、もっともっと効果的なことができる。



 それよりも言葉以上に問題な、文化の話や日本特有のルールを飛行機の中で読める本や、面白く理解できるビデオを流したりというほうが足りてないかなと思う。
 外国人はなぜ、口を開けたままガムをかむのか、中国人は騒がしくゴミをあちこちに捨てるのか。。。。日本人はあまり彼らを注意できないので、日本に来たら日本のルールに従ってもらうように事前に説明したほうがいい。もちろん、日本人の中でもマナーのコンセンサスが必要だけれども。
[2015/05/05 18:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ISILの文化財破壊
ISILがイラク国内の貴重な文化財を壊し続けています。もちろん、文化財を壊すのはイスラーム圏の専売特許ではなく、ボスニアであろうが、エチオピアの民族間の争いでも起こります。
 文化財は誰のものなのか?世界遺産であれば、人類全ての遺産として位置づけられるけれど、もしも所有者である国が壊すとしたら?地元の人間が壊すとしたら?その疑問に答える論理構築と、世界的な保護ネットワークを作り上げなければならない。壊すぐらいなら横流ししてお金に換えてもらった方がまし。
 壊すのは一瞬ですが、修復には長い年月とお金が掛かります。現場で細かく丁寧に、膨大な労力を掛けて作業する修復家の姿を思うと、やるせない気持ちになる。
 
https://www.youtube.com/watch?v=f2le2WzZgdY&noredirect=1
[2015/03/05 23:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宮崎駿監督の功罪
 ジブリの建物模型展を観に東京建物園へ。原画の素晴らしさ、立体を理解して描いている宮崎駿監督の創造力に感動。だけど、宮崎監督曰く、子供にはジブリ作品を観るのは年一回ぐらいでいいそうだ。やっぱり、本物の経験をするのが一番ということだ。子供に求められると、めんどくさくなってディズニーのDVDをつい見せちゃうので反省してしまった。

 本人はマチュピチュを見て「ラピュタみたいだ」なんていう逆転現象が起きてる。日本人は宮崎作品を見て日本の原風景を覚える。日本人の原風景が宮崎作品に塗りつぶされていく。宮崎駿監督は日本の原風景を大事にしたい、守りたいと思っているだろうけれど、宮崎監督がそのイマジネーションを発揮すればするほど、日本人の記憶の中の原風景は失われていくパラドックスが起こっている。

 展覧会では、宮崎駿作品の建築的なデザインの出所(場所等)を解説してくれているのはありがたい。見る方としては、この感覚が必要なんだよね。ドブロブニクに行って「魔女の宅急便みたいだ」というのではなく、魔女の宅急便をみて、「これは地中海の沿岸の建築様式となぜか北国の木造様式が混在している不思議な都市空間だなぁ」と思うのが普通の感覚だろう。

 この展覧会では建築史家の藤森照信先生が絶妙な視点で解説をしてくれている。この解説は見事。展覧会の書籍も購入してしまった。
 宮崎駿監督の映画にはノスタルジーがある。見た事のない景色だけれども、懐かしさを感じる宮崎監督の絵に対してこんな解説をされていた。
”人間は毎日、無意識に寝る前と起きたときの目に映るもので「変わっていない」ことを確認して、ときどき古いもの、まわりの変わらない者を見る事で「自分が自分である」という確認作業をしている、というのが僕の考えなんです。自分の自分というのものの時間的な連続性を建物や風景で無意識に確認している。そしてアイデンティティ、つまり「自分が自分である」ということを確認できているから人間は生きていられるんです。だから僕らが宮崎さんの映画を見て懐かしいと感じるのは、そこに、自分たちのいる社会の連続性を感じてほっとするから何だと思います。
 懐かしさは人間の心の安定のためには不可欠なものです。一番変わりにくい安定しているのが自然です。だから、国家が崩壊して社会が激変しても、故郷の山や川が変わらずにあれば人間は生きていける。次に変わらないのは町並みでその次が建物。建物というのは人の暮らしを雨風や外的から守るための実用の器だと考えられていますが、それ以上に「人間の記憶の器」なんです。自分の家はアイデンティティのよりどころになっている。”


 これは藤森さんが主題として書いた事ではないが、「文化財を守ることは何か」という問いに、単にアイデンティティを保つためというような短すぎる言葉ではなく、実直に、でも非常に分かりやすく説明してくれているようでもある。

 ただ、やはりこの藤森さんの言葉を聞いて、どうしても宮崎駿監督の功罪を考えてしまう。宮崎映画は日本人の懐かしい記憶を呼び起こし、日本の良さを感じさせてくれた一方で、「日本人の記憶」=アイデンティティを宮崎映画によって塗り替えてしまった。

 日本に今なお残るものよりも、宮崎監督の創造力によってつくった映画の風景こそが日本人の記憶=アイデンティティになってしまったことは、宮崎監督も望んでいなかったことなのではないだろうか。



 
[2015/02/09 23:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
重伝建地区の空家問題解決手法
海外の国際会議で日本の伝建の空家についても触れたのですが、後から北京清華大学の教授より、空家がある!?「空家!?中国人を呼べ!みんな買ってしまうよ!これで問題解決だろ」と、歓談の席でいわれました。んー。

 もちろん”livingcity”という観点からは正解からほど遠く、ベネチアで実際起きているような中国人の不動産購入によって、コミュニティや雰囲気建物ではなく、その歴史的雰囲気の空洞化が行なわれてしまっているような問題も出ています。
 ただ、一方で中国人の教授がいう事も真実で、50年後には世界人口は100億人に届きます。自然破壊が進む世の中で、環境の良好な日本にみんな移住したくなるのは当たり前。伝建地区の住宅を購入して、(できれば塩漬けにしないで)、運用しておけば50年後には大金持ちになれるかも。

 ということで、その過程の設計は必要にせよ、日本の空家問題を心配する必要はない!というのも、一つの方向性としてもあるのでしょうか?
[2015/02/05 23:20] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。