[旅コラム] スパゲッティ<ピザ 

 南米ではおいしいスパゲッティを食べるのは不可能に近い。必ず茹で過ぎで出てくる。最もひどかったのがペルーのクスコで食べたスパゲッティで、街が標高2500mぐらいであるために沸点が低く、茹でるのに時間がかかることもあり、うどんのようなスパゲッティになって出てくる。そして、作る人も「スパゲッティ」というものを何たるかを知らずに作っているのだから仕方のないことかもしれない。

 スパゲッティと違って味に問題が無いイタリアンフードがPiZZAである。チーズ(Queso)がモチモチした食感のこちらのチーズであること以外は問題なく「おいしい」。これは世界各国共通だと思う。これは素材の単純、調理法にあるのだろうか。文化人類学の教授が一つ論文を書けそうなテーマである。
関連記事
[2008/03/31 03:14] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<[080401] Santiago | ホーム | [080331] Santiago>>
コメント
カナダで食ったパスタも笑ってしまうほど不味かったぞ。
俺も君の言うとおり、パスタを食べた事が無い人が作ってるとしか思えなかった。
そういえば、昨日からうちの会社にN野君が来ているぞ。
[2008/04/02 12:01] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/98-f1b4d339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |