スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080324]Asuncion
 本当にパラグアイのアスンシオンという町は首都のくせに特に何も観るべきものがない。4,5年前は物価も非常に安かったようだが、現在ではその2倍近くの値段がする。円高で助かるねといわれるが全くそんなことはなく、円安であり、30万近くドル建てをしてしまった分、ずいぶん損をした。経済は本当によく分からない。

 こんな観るべきものが無いのに、日本人が来るのはブラジルのビザを1日で取れるという理由くらいで、ブラジルからアスンシオンを通る物好きは私ぐらいだろう。それも今日は運の無い日で午後には乗れるバスが全くなかったので2泊も滞在だ。サンティアゴに29日までに着かねばならぬというのに何も無い町で疲れるばかり。

 パラグアイに入るとマテ茶を飲む人が多くなる。全国民が飲み、全国民の半分が常に携帯していると言ってもいい。アルゼンチンよりもMyマテコップ(皮と水牛の角で作られ、これがまたカッコいい)とmyマテポットを持っている人が多いのではないかと思う。
s-100_3015.jpg


マテ茶とは茶と各種薬草を煎じたものをコップにいれ、葉っぱが入らないようになっている金属製のストローで飲むもので、お湯さえ注ぎ足せば何度も飲める。街角ではおばちゃんが煎じてくれるし、お湯だけも提供してくれる。
s-100_3004.jpg

(日本茶の)きゅうすから直接ストローで飲む感じだろうか。あちこちでマテを飲んでいる人々が見える、中毒性でもあるのではないかと思ってしまう。

 夜はSUKIYAKIを喰らう。日本食はやはり旨し。
関連記事
[2008/03/24 09:12] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<[080325&26]Asuncion→Resistencia→Humahuaca | ホーム | [080323]Foz do Iguacu→Ciudad del Este→Asuncion>>
コメント
もうすぐ2ヶ月経つけど、ずいぶん移動したねー。
スーさんと私だと時間の速さが違うみたいです。

>Myマテコップ
木製のやつより、やっぱり角だよね。前にすごくカックイイのを見かけて、
使いもしないのに、うっかり買いそうになったことがあります。(高くてやめたのだけど)

こちらは桜が咲き始めたよ。
週末から来週あたりにはたぶん満開。
[2008/03/25 10:27] URL | pico #- [ 編集 ]
学生の頃、ウルグアイの学生さんを東京案内したことがあったけど、
そのときにマテ茶をごちそうになった記憶がある。
あの金属製茶こし付きストロー(ボンビージャだったっけ)ってさぁ、
油断すると唇ヤケドするよなぁ。
熱いお茶飲むのに金属製のストローはどうかと・・・。
でも味は日本茶の濃いやつって感じで美味しかった。
彼らは朝起きた時と徹夜の時に飲むって言ってたけど、
ホテルに着くや否やテルモに入ったお湯をひょうたんで出来た器(←器の名はマテポサって聞いたが調べてみるとカラバサって名前らしい・・騙されたか)に入れ、みんなで回し飲みしてたなぁ。

旅行にまで持ち歩く習慣があるというのに驚いたな。
まっ、カフェイン強そうだから中毒性が高いかもね。
[2008/03/25 13:34] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
>PICO
よく知ってるねぇ。そう、角のやつがかっくいぃ。皮とかついててもかっこいいんだけれどもね。腰にぶら下げて、いると地元民になった気になるのだけれども、あんまり日本でもお茶飲まないし、あんまり使わないのが実情。
 4年前、お土産に持って帰っても、だれも喜ばなかったしなぁ、、、

時間の感覚は大分緩やかになりました。急いでいるけれども、今日は28時間移動の日です。

>K@ksk
 実は入社したときにマテ茶を持っていったんだけれどもだれも、見向きもしてくれなかったのを覚えています。最高級マテ茶だったのに。
 たしかに金属製のやつで熱いお茶を飲むのは間違っていると思いますが、荒いやすいからなんでしょうか。
不明です。


[2008/03/28 03:09] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/91-5c9b214a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。