[080322]Foz do Iguazu
 雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、夏ノ暑サニモ、生水ニモ負ケズ、丈夫ナ胃袋ヲ持チ、イツモ笑ッテイル・・・・ 

 だっただろうか、

食べ物の好き嫌い無く、何でも消化できる体に産んでくれた母に感謝。
(褒め言葉になっていないかも)




Foz do Izuacuに到着。夜行バスで隣に座って話していたドイツ人の若者の携帯電話が盗まれていた。意外と安全ではないかと思っていたが、やはり南米気を許すことはできない。正直お金は盗まれてもたいした額ではないけれど、カメラやPC(その中に入っているデータなど盗まれたら泣くに泣けない。)



イグアスの滝は4年ぶりだ。前回来た時は時間が無く、27時間バスを2回乗る強行スケジュールを敢行したのを覚えている。今回の旅はサンティアゴまで抜けるついでではあるが、ブラジル側から滝を見るのは初めてなので楽しみだ。
クリチバに来てしまったために、飛行機だとサンティアゴまで乗り継ぎが生じるため値段が上がってしまい、通常の航空会社では高くついてしまう。知り合ったブラジル人にいろいろ聞いて見ると、Webjet.com.brやvoegol.com.brに安いチケットが販売しており、バスの値段とあまり変わらないとのこと。どこの国でも安く旅行する方法というのがあるもの。地球の歩き方などはその辺の情報を載せてくれないので困りものだ。(地球の歩き方はバックパッカー向けに作られているはずなのに、いつの間にか一般旅行者向けにされてしまった。)

 イグアスの滝はアルゼンチン側とブラジル側からの両方から見ることが出来る。前回はアルゼンチン側だったので今回はブラジル側から見物。ブラジル側からは滝の全景が見ることが出来る。

圧巻。

滝の中間点から眺められるので周囲320度ぐらい全て滝。見事なほどに自然が形態をなしている。

天候もよく、水量もあるイグアスの滝は最高だった。
s-100_2954.jpg


その後、イタイプー ダムへ。中国のダムが出来るまでは世界最大のダムで(誰が考えたんだか)新世界7不思議に数えられている。先程観た、自然が作り出した雄大な滝と同じ水量を放出し、パラグアイの全て、ブラジルの多くの電力をまかなっている。
 雄大な自然をみて、人は神が作った景観などというけれど、人間の知力はそれに十分追い付いてしまっているところもある。人間の構築への欲求はどれほど強いのだろうか。

 夜はカレーを作って振舞う。やすくて、ぼりゅーむがあって、うまし。やはりカレールーは偉大。




一緒にいた人間がドイツ人だったため、やはりたらふくビールを飲み、ディスコへ。こちらは夜中1時2時ぐらいからディスコクラブへ。長い夜だ。4年前は南米でサルサが踊れず悔しい思いをしたけれど、日本でスクールに通い練習したので今回は大丈夫。うまくは無いけれどセリョリータを楽しませることができた。(嘘)
s-dance2.jpg

関連記事
[2008/03/22 11:03] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<[080323]Foz do Iguacu→Ciudad del Este→Asuncion | ホーム | [080321]Critiba→Foz do Iguazu>>
コメント
>今回は大丈夫。うまくは無いけれどセリョリータを楽しませることができた。

ほぉほぉ。帰国後が楽しみねー♪
[2008/03/24 13:00] URL | ぶー #- [ 編集 ]
>ぶー
すみません、嘘です。セリョリータを満足させることは私には到底不可能です。なんとか、こなしたと言うところでしょうか。相変わらずへたっぴぃです。
[2008/03/25 09:20] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/89-da0d2116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |