スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080319]Niteroi→Critiba
朝からコパカナーナ海岸をランニング。毎日飲みすぎているビールを戒めるのではなく、今日のビールを楽しむためのランニング。村上春樹も「ダンス・ダンス・ダンス」の中でそんなことを書いていたような気がする。

 Niteroiにフェリーで着くとなにやら不思議な建物が見える。行ってみるとオスカーニーマイヤーの新作だということ。フェリー乗り場と駐車場、バス乗り場を一体化させる計画で実際にできたら便利だろう。その中にオスカーニーマイヤーの建築があるが、近くの空港から飛び立つ飛行機から見ると目のようにみえるように設計されている。空から見たときの形態を考えるとはなんとも達観的だ。
 ちなみに成田空港の管制塔も屋根が赤く塗られているらしい。設計をした方が日本に帰ってきたときに、パイロットが日本を感じるように設計したと教えてくださった。
 この港の近くのプロジェクトは現在も進行中で徐々に完成されるらしい。

オスカーニーマイヤーは100歳になるのに、いまだに健在だ。そして絵を描くだけで実現できる立場にある幸せな建築家だ。

s-100_2843.jpg
s-100_2759.jpg


彼が作ったニテロイ美術館は海を背景として美しく佇み、思わず我を忘れてしまう彫刻的建築だった。スープ用皿のような側面の急角度も海を含めた景色を眺めるためには理解できる角度で、また、中間階にあるスラブを外観から喪失させる効果もあった。見事だった。
s-100_2818.jpg


夜は夜行でクリチバへ。

関連記事
[2008/03/19 06:08] | 世界一周旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[080320]Critiba | ホーム | [080318]Rio De Janeiro>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/86-7cc3abc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。