[080316]Washington,DC
 キリスト宗教関連の安宿で、朝はボランティアスタッフの方々と一緒に朝食。神に祈るところから始まる、落ち着いた朝食だった。
昨日も街はセントパトリックを祝って浮かれていて、今日もワシントンDCでパレードがあるらしい。パトリックさんのことについて聞いて見ると、彼らの宗派では彼はセイントになっていないらしい。アイリッシュ移民が多いので、それが習慣化したとのこと。とはいえ、彼らもたまには楽しく参加することもあるらしい。日本人にとってのクリスマスみたいなものだろうか。

 ユダヤのホロコースト博物館は資料が圧倒的であった。あまりにも悲惨な資料に胸を打たれる。一方で、日本の原爆記念館でもほとんど残虐な写真などを展示しておらず、東京大空襲などの無差別攻撃についても展示していないのは、日本にとってもアメリカ人にとっても何か寂しさの残るところだ。いろいろなそれぞれ国が持つジャーナリズムの力の違いを強く思い知らされた。
もちろん、日本が各地で行った戦争行為についても日本できちんと公開すべきだと思う。中国で展示されている日本人の残虐行為の写真は目を覆うような写真ばかりだ。(後から作成したものが多そうではあるが)それぞれの国やジャーナリズムの考えによって、市民が得る情報や感情が左右されるのは危惧すべきことだろう。

今日でアメリカでの日常も最後だ。結局予定を5日延ばして18日間滞在した。建築もお腹一杯見た。次はブラジル、久しぶりに緊張で胸が高まる。
ゴールドメダルを獲得したというBrewing Beerを引っ掛け、いざブラジルへ。

関連記事
[2008/03/16 06:06] |  -USA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<[都市コラム] 駐車場≠景観阻害要素 | ホーム | [080315]Philadelphia>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/82-1ac49c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |