スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[080312]Dallas→Washington,DC
 朝、ドノバンがアートワークを作成している豪邸を見学へ。石積みで詰まれた外観とコンクリートのコントラストが見事な現代的な住宅。一方で倉庫や水処理場をリノベーションしてギャラリー兼パーティースペースにしているおり、実に趣のある空間も備えていた。建築家が残すことを決めたのか、オーナーかは分からないが賢明な選択である。敷地にはリチャード・セラらのアートがいくつも無造作に置かれている。日本の金持ちはアートに対するお金の使い方を知っている人は多くは無いと思うが、こちらの金持ちは実にアートに寛容だ。ロケーションも豊かで、住宅の背後に小川が流れており、それを眺めるためのブリッジまで設計されていた。

s-DSC_4980.jpg

s-DSC_4978.jpg


 また、ここでも奇跡的な偶然でNYに住む友達の事務所が設計した庭があった。

s-DSC_4976.jpg

友達に送ったら、きっと驚くに違いない。あと何十年かしたら自分を含め、知り合いがデザインしたものが世界中に散らばって出来てくるのだろうか。

 公共交通機関を5つ乗り継いで空港へ。ホテルから車で40分もかからない距離にあるのに、シャトルを使わないのであれば3時間もかかってしまった。ヒルトンホテルのようなホテルでは公共交通機関を使う客は皆無なので、レセプションマンに聞いても全く情報を教えてくれない。レセプションの人すら公共交通機関のことなど気にしたことは無いのだろう。
ドノバンも私もTシャツ姿なので、ヒルトンの鼻の高い人々から見たらならず者に見えるのだろうか。バーでもドノバンがちょっと変な目で見られたと言っていた。テキサスのような地方では金持ちと貧民の格差がはっきりしていて、彼らの意識にも強く差別意識が働くのだろうと、ドノバンと話していた。
 
10軒ぐらい連絡をとったが、ワシントンの安宿は一杯だった。学生シーズンが来た。南米は問題ないが、ヨーロッパでは苦労しそうだ。夜中だったこともあり、今日は空港にて夜を過ごす。節制、節制。
関連記事
[2008/03/12 13:14] |  -USA | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<[080314]Washington,DC | ホーム | [080312]Dallas >>
コメント
絵になる風景だねぇ。
しかもさり気なく写っている赤のMINI COOPER Sも、良い。

日本車でも様になるのか。
日本車を見慣れている日本人だから日本車は合わないと思ってしまうのか。
外国の車だから格好良く見えてしまうのか。

ふと、君のブログの内容とは関係無い方向に物事を考えてしまった。
[2008/03/18 17:00] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/78-1b4bf645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。