FC2ブログ
滋賀県 警官による射殺はなぜ起きたか
滋賀県19歳警官が巡査部長をhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6278701射殺した事件。

 なぜこういうことが起こったのか、やはり色々憶測をしてしまう
 ネットではではおそらく、「19歳警官の精神に異常があった」「41歳巡査部長のパワハラがひどかった」に意見が二分されるだろう。もちろん、それは一因かもしれないけれども、最近の警察学校の訓練は、軍隊で行うような、徹底した人格否定の過程を受けていないのではないだろうか。このような過程の中で人は従順な組織人をつくる、もしくは、精神的負荷に弱い人間は選考から弾くということができるようになるのだと思う。しかし、このような過程を、家庭でも小中高の教育課程で全くされていない可能性がある。。自分自身、子供を育てていると、どうやって子供の自制心を育てるか、キレないようにする子供にするにはどうするか考える。決してうまくいっているわけではない。

 現代の社会の傾向としては精神的に弱い人間をケアするような環境が作り出されているから、その結果、今回の19歳警官が誕生してしまったのかもしれない。異常な状況、例えばベトナム戦争の中で若者の精神が壊れてしまう「フルメタル・ジャケット」みたいなことがあるのかもしれないが、それと比べたらさすがに滋賀県の状況はましだろう。少なくとも上司を背後から頭に向かって発砲して射殺するなんて自体になることはないだろう。これをまだ、19歳未成年警官への精神的ケアが足りなかったとでも、新聞は報道するのだろうか。もっと、他の人間が気づくべきだったと。交番は密室で閉じられた世界だったと、それを問題視するのだろうか。もちろん、その解決方法もあるかもしれないが、警官はどのように組織を律するのか、日本はどのように若者を育てようとしているのか、戦前戦後、現代の教育が混ざり合い、子供たちも混乱をきたしているのではないだろうか。

 ただ精神的に弱い人間をふるいにかけろというわけではなく、向き不向きをきちんと切り分け、切り分けた先にそれぞれの道があるような社会がよいし、そうあってほしい。



 

関連記事
[2018/04/12 09:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<文化遺産のリコンストラクションについて | ホーム | 自動運転技術が変える都市像>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/740-a274cb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |