銭湯も温泉もなくなる日
予言したい。あと50年後には温泉に裸で入るスタイルはなくなってしまうか、ごくごく限られた場所になってしまうだろう。海外からの観光客が増えていくなかで、裸を見せるというというのが倦厭されてくる。これは海外からだけでなく、日本の若い人たちの考え方も変わってくる。グローバリズムは文化の破壊とまでは言わないまでも世界の均質化。その世界標準の考え方に対して、反対意見を出すのは並大抵のことではない。例えば、韓国の食犬文化を今の日本人は相手国の文化として許容できるか。おそらく、現時点でも少数なのではないかと思う。日本の温泉はかつては混浴だった。いまも、ごく一部の銭湯でその慣習は残るが、あと10年ぐらいで失われてしまうだろう。それが良いか、悪いか、その判断はさておき、失われてしまうのだ。
関連記事
[2017/10/03 21:59] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ふるさと納税が、政策クラウドファンディングに使えたら』 | ホーム | 松本市の世界遺産登録への動きについて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/735-9e4c5a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |