震災遺構は文化財か?
震災4年を迎え、南三陸町庁舎等の震災遺構の保存の問題がクローズアップされている。ここで疑問、震災遺構は文化財足りうるか?広島の原爆ドームの場合は国の記念物(史跡)に位置づけられている。原爆ドームが文化財登録されたのは世界遺産リストへの登録へ向けた影響もあっただろう。

 今後、震災遺構が文化財かという議論においては、世界遺産登録を目指しているが、崩壊の危険のある軍艦島の文化財登録是非議論と同じ土俵にのって議論されることになる。また、有形文化財は概ねつくられてから50年以上を経ているという条件も議論のポイントになるかもしれない。
 文化財制度と日常で話す「文化」は同じではないと思うけれど、人の記憶に残っているもの、残していかねばならないものは何らかの形で守っていきたいと思う震災の日。
関連記事
[2015/03/11 22:33] | 震災復興 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<外国人観光客を迎えるにあたって | ホーム | ISILの文化財破壊>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/716-533821dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |