ISILの文化財破壊
ISILがイラク国内の貴重な文化財を壊し続けています。もちろん、文化財を壊すのはイスラーム圏の専売特許ではなく、ボスニアであろうが、エチオピアの民族間の争いでも起こります。
 文化財は誰のものなのか?世界遺産であれば、人類全ての遺産として位置づけられるけれど、もしも所有者である国が壊すとしたら?地元の人間が壊すとしたら?その疑問に答える論理構築と、世界的な保護ネットワークを作り上げなければならない。壊すぐらいなら横流ししてお金に換えてもらった方がまし。
 壊すのは一瞬ですが、修復には長い年月とお金が掛かります。現場で細かく丁寧に、膨大な労力を掛けて作業する修復家の姿を思うと、やるせない気持ちになる。
 
https://www.youtube.com/watch?v=f2le2WzZgdY&noredirect=1
関連記事
[2015/03/05 23:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<震災遺構は文化財か? | ホーム | 宮崎駿監督の功罪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/715-1fcbd0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |