日本人の心は狭量になったのか
前回、書評をした「イギリス人アナリスト日本の国宝を守る」に関するニュースに対する
Yahoo読者のコメントがおかしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000024-kyt-l26

ニュースの中で著書の中で書かれている事を下記のように紹介している。
「外国人は、道を案内してくれるなど日本人個人の心遣いに感動するが、宿泊施設や飲食店のサービスについてはあまり評価していない」。むしろ、一方的で融通の利かない点が酷評される場合があるという。

「チェックインは午後3時です」の一点張り。部屋は空いており、掃除も済んでいる。なのに入れてもらえない。仕方なく旅館併設のフレンチレストランで昼食を取ろうとすると、今度は「宿泊者専用」と言われ、チェックインが済んでいないため入店できなかったという。

それに対して、日本人の意見は
「3時からしかチェックインできないって書かれててそれに文句言うってことは、前日の分も抑えておけばいいだけの話なのでは。失笑 高級旅館であってもなくても入れてくれるところはある、でも我が儘を言ってるということを忘れちゃいけないと思う…おもてなしの心は、自分も相手もお互い思いやってこそ生まれるものだと思う…」
やら
「これはいつの話?
「欧米では、、、、、、」って。
なんでもくくるんじゃないっての。
しかもイギリス人でしょ?

笑止 笑止」
。。。
これに、賛同する「いいね」マークが5000も付いている。。。日本人はあまりにも経験が少なすぎる。杓子定規すぎる。日本を賞賛しすぎ、自分が正しいと信じ過ぎているのではないかと非常に不安になる。自分は日本は素晴らしく誇らしく思っているが、まだまだよくなると思っている。
 このような狭量な考えが日本に蔓延していない、蔓延しない事を希望する。
関連記事
[2014/12/08 16:59] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<Nara+20 | ホーム | 組織の現場の声を矢面にだしていくことの有効性について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/712-9ae93dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |