■タジキスタンの人参切り
 タジキスタンのサラダに漬物に欠かせない人参の千切り。この千切りした人参が市場に行くと売られている。日中、朝から夕方迄人参を切り続けている人たちがいる。

s-CIMG1285.jpg

おそらく、機械化をした方が良いのだと思うのだが、日本の工場は発明して売り込まないのだろうか?

電源は使わず、歯車を利用した手動式がいい。儲けは全くでないはずだが、話題性は買えるはず。この発明品の導入によって、一部の人の職は無くなるが、その余剰の人的資源が他の職を得てタジキスタンの発展に寄与すれば上手く行くはず(!?)。

[2013/11/21 01:23] | タジキスタン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<復元を考える〜タジキスタンHulbuk遺跡〜 | ホーム | タジキスタン基礎情報-(メモ1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/686-3aef52e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |