スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
[オリンピック経済波及効果]なんて言葉を使わんでくれ!
オリンピック開催地が東京に決まって本当に嬉しい。正直、国民の意志によって、東京が立候補したわけでもないけれど、日本に決まってくれるとやはり嬉しい。

 その嬉しさを表現するのに、どうも新聞もテレビも、町の人たちの声も、「経済波及効果」を謳う。どうもおかしいと思う。確かに既に誘致に何百億円と税金を使い、オリンピックの会場整備に5000億とかかることに対し、免罪符のようにオリンピックで3兆円の経済波及効果があるなんて書く。正直、高々3兆円だと思う。原発を使わなくなったことで毎年3兆円ほど燃料費高くなっているわけだし、国土強靭化計画なんてのは初案200兆円などと書かれている。だからこそ、高々3兆円。この経済効果をもってして、オリンピックを誘致出来たことを喜ぶというのは、日本人の思考回路自体が、残念ながらワーカホリックと言われる、悲しい変化を遂げてしまったのではないかと思う。

 1964年の東京オリンピックでは戦後の焼け野原から復興を果たし、世界的な平和イベントを世界の皆さんを呼んで開催することができるという世界への報告と、そして、復興をしたんだと言う日本人全員への気持ちを高揚させるものだった。そして、そこで活躍したスポーツマン、関係者は日本全国で更新を育て、今のスポーツでの活躍が生まれるようになった。

 そもそも、IOCがこのように世界各都市を競わせて選ぶというのも基本的に反対だ。確かに都市間で争うことで会場整備のクオリティが上がり、世界の関心を集めることができ、スポンサーからの運営資金も手に入ることだろう。けれども、立候補都市への負担が大きいこと、IOCが汚職の温床になることや、スポーツが政治の材料に使われている側面もあり、基本的に問題だと考えている。各大陸で持ち回りで、ある一定の基準を満たした都市が責任をもって開催するのが本筋だろうと考えている。

話を戻す。

東京オリンピック開催に対する経済効果という言葉は忘れよう。

オリンピックの機会を通じて、どう、世界に日本のことを知ってもらえるか? 国際交流こそ世界平和への道であるし、軍事力よりもよっぽど効果的だ。敢えて、費用対効果が良いと書いてもいい。オリンピックという夢に向かって、日本人の多くの選手が頑張ること、ボランティアやスポーツクラブなどの社会基盤が整うこと。

オリンピックは日本にとって純粋に「お祭り」でいい。温かく人を迎え、人と人を結び、楽しむ。
経済効果なんて言葉で、
オリンピックというお祭りを汚されたくない。
関連記事
[2013/09/09 14:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シールを剥がそう | ホーム | 五島 久賀島の旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/677-005719b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。