スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
世界遺産富士山の登録理由

fujisan.jpg

富士山が世界遺産に登録された。どうも世間では富士山が美しいから世界遺産に登録された、という誤解があるように思う。登録対象と保護区域は富士山とその周辺なのであるが、浮世絵などに描かれた心象風景やそのアートへの影響、巡礼•信仰の対象など日本人の心に与えた影響こそ、人類の普遍的価値として世界遺産委員会に認められた。つまり、実存する富士山自体が世界遺産に登録されたのではなく、日本人の「心にある富士山というイメージ」が世界遺産に登録されたのだ。英語登録名でもFuji mountainではなく、Fujisanとなっているところが「富士山」の文化的側面を示している。

登録理由の主旨文はUNESCOのサイトにある。


他にも世界遺産Fujisanに関する資料のうち、webで手に入るものを見てみたい。
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/isan/PDF/koudoukeikaku1.pdf

まず、富士宮市の行動計画。
現段階では報告書程度になっており、実際の行動計画となりえていない。修正ポイントしては、主観が地域でなく、富士山に着目しすぎていることが問題である。地域を経済、環境、社会的側面についての分析でまとめて欲しい。他の都市計画や環境関連法規と合わせて表示する事。また、行動計画のスケジュールや実行手順、予算や責任者、監視指標の記載が欠けている。また、静岡県や他市とフォーマットを合わせるなどの世界遺産地域を守るという観点での協力を進めてもらいたい。

富士宮に限らず、各地の行動計画では専門家が入って作成出来ていない現状がある。この文化財を中心とした持続的地域計画分野の専門家は数少ない。どのように行動計画を作っていけるか、どう協力していけるか、悩みどころである。

関連記事
[2013/07/08 14:35] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<選挙関連 | ホーム | 静岡県の建築巡礼>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/670-b443fab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。