赤ちゃんにまつわる発明品のアイディア。


アイディア(1)オリジナル乳首
 乳の出が悪いお母さんは、哺乳瓶でミルクをあげざるを得ないのだが、哺乳瓶の乳首は通常赤ちゃんにとって吸いやすく出来ている。哺乳瓶の吸いやすさに慣れてしまうと、おっぱいを吸う口の力が強くならず、ますますお母さんのおっぱいを吸う事が出来なくなるという悪循環に陥るようだ。桶谷式の哺乳瓶と乳首の中には、扁平した乳首の形の吸い口哺乳瓶を作っていて、吸いにくく、かつ、人間の女性の乳首に似た形を作っているとの事だ。

しかし、基本的に赤ちゃんは自分のお母さん以外の乳首に慣れないし、慣れたもの意外の乳首を嫌がるとのコトだ。
そこで提案したいのが3Dスキャナーと3Dプリンターを使った事業だ。お母さんの乳首の形を3Dスキャンを使って読み取り、CADデータ化し、データから3Dプリンターでシリコン製のオリジナル乳首をつくる。これを定型の哺乳瓶に付ければ、子供一人一人に最適の哺乳瓶が出来上がるはずだ。この事業は母乳育児が主流になった世の中では、価値があり、成功するのではないだろうか。

アイディア(2)チャイルドシート取り外し式ベビーカー。
ベビーカーの座席部分を取り外して、車に乗る時にはチャイルドシートになるという代物。もう既にありそうだが、ベビーカーの中で寝てしまった子供を起さずに車に乗せられるのはありがたい。
関連記事
[2013/05/04 23:39] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本のエロ産業は世界を救う | ホーム | 木を切る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/663-38b6bafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |