イタリア日誌_Forte Marghera(フォルテ マルゲーラ)その1
ベネチアの対岸に位置するForte marghera(フォルテマルゲーラ)は城塞と干潟の風景が一体となった美しい風景を作り出している。
fortemarghera.png
(写真はveneziaのコムーネのHPより)

s-RIMG2843.jpg
先端部の水場

s-FM-01.jpg
ベネチアとの位置関係(一応位置関係が分かるものを添付。ちなみに筆者が提案用にデフォルメして作成したもの。ベネチアが魅力的で、観光客を引きつける優雅に泳ぐ魚であったとしたら、Forte marghera(フォルテ マルゲーラ)は周りからも見つけられずにいるカニです。そして、彼自身も周りに様々なリソースがあるのに気づいていないという状態というコンセプト)

元々Forte Margheraは1805年にナポレオンによって建設され、その後19丸丸年までイタリア軍に寄って所有されていた。1996年イタリア軍からフォルテマルゲーラから撤退した。1996年にはフォルテマルゲーラと隣接するSan Giuliano Parkと共にベネチア市によってマスタープランが描かれた。

1997-2001年の間に軍とベネチア市の間で協定が結ばれた。しかし、この後が大変だ。
2009年にベネチア市が獲得したのはいいものの、€9.554.452という金額で売却されたため、建物の改修費用が捻出できないということだ。(想定では€ 60.000.000の改修費用が掛かるとのこと)
 
 現在は、Marco polo systemによって運営監理されているが、あくまで暫定利用であり、今後の使い方が明確にされていない。最後にForte Margheraの歴史を記載しておく。




■Forte Margheraの年表
1805: French Military Forces
1814: Austrian Military Forces;
1866: Italian Military Real Estate
1915: Decline of military functions
1995: Ministry of Defence charged Venice
Municipality with the management of the
area;
1996: Military Forces leave the area (as well
as other forts);
1997 – 2001: Agreement between Venice
Municipality and the cooperative Città del
Sole to open the fortress to citizens;
2005: the Fort is acquired by Venice
Municipality (engagement by low to maintain
the public function of the area for 30 years;
2003: Agreeement between Venice
Municipality and Marco Polo System G.e.i.e.
2009: full ownership of the Fort by Venice
Municipality.



この場所は非常に可能性のある場所。予算などで制限が掛けられているが、Regenerate すべき場所だ。
関連記事
[2013/04/01 00:38] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本のネット事情に思う。 | ホーム | 農業が地域に果たす役割>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/659-4b5aae34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |