イタリア日誌86-「イタリアの地方分権」
italia.png


先ずは基本データから。(wiki, google 統計データ、italiaのwikiより)

日本の人口約1億2780万人、47都道府県、1,719自治体(市町村)
イタリアは人口約6100万人 20の州110の県、8.092自治体(コムーネ)


イタリア人と話す時に、日本とイタリアの違いとして中央集権と地方分権の話をする時がある。日本もイタリアも国が成立する約150年前にはそれぞれ藩とコムーネとして、各地方自治体が自立していた。しかし、日本は明治維新を経て国の形を中央集権のシステムに変えた。イタリアは特にムッソリーニのファシストの時代に中央集権を試みたが、根強いカンパニリズモ(郷土主義)によって、本質的に根付かなかった。

 例えば、未だに全員が共通イタリア語を話せるわけではない。例えば2006年に行われた国勢調査でもイタリア人でイタリア語のみ、あるいは主にイタリア語を話している割合は10歳以下の児童で68パーセント、75歳以上におけるその割合はわずかに28パーセントだったそうだ。このように国がそれぞれ統一されているというより、多くのコムーネの集合体である。歴史的に隣の街は長年の宿敵であったこともあり、まとまるという感覚が希薄かもしれない。ただ、良く言えば地方分権が日本よりも確立している。イタリアは2001年に憲法が改正されて地方分権が完成した。改正された憲法第114条は 「共和国は、コムーネ、県、大都市、州、および国から成り立つ」とコムーネと国が並列に記載されている。日本の東京一極主義とはまるで違う。しかも、多くの場合、実施的な運営はコムーネによっており、力関係も大きなコムーネの方が県よりも強く、その独自性を保つ一方で、小さなコムーネは運営能力に難があってもサポートが受けにくい。

 10万人以上の都市はイタリアでは大都市であり、合計38都市ある。それに対して日本は265都市。10万人以上の都市に住む人口はイタリアが25%であるのに、日本は75%となっている。このように日本は都市化が進み、一極集中、中央集権の仕組みを作り上げている。(これにはもちろん日本が30%程度しか平地がないことに対して、イタリアは山岳地でも丘のようなものなので居住が可能であるという地形的な問題もある)。

 東京圏は約3700万人住む世界最大の都市圏。日本の人口約1億2800万のうち1/4以上が住んでいる訳だ。これを人口約6100万人のイタリアに当てはめると、ローマに1800万人ほど住んでいる計算になる。現在のローマ圏の人口350万人のざっと5倍だ。それも、政治も法廷も商業、ファッションもアート機能も全てローマに一極集中している。ローマにフィレンツェとミラノとベネチアを足してもまだ足りない。そんな一極集中の都市が東京なのだ。


と、イタリア人に説明すると、驚きと共に国の構造とそれに付随する考え方の違いを納得してくれる。
関連記事
[2013/01/29 07:56] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<農業が地域に果たす役割 | ホーム | イタリア日誌85-「鍋という日本の食文化」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/656-d145fd29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |