スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
リオ•デジャネイロ、2014年に向けて
 リオデジャネイロは何度来ても 特別な街と感じる。。海と山も自然も大都市も全て混ざり合い成立している街。海と山と高層ビルのすぐそばに飛行場まである。奇妙だけれども忘れがたい景観。

 リオデジャネイロは2014年ワールドカップと2018年のオリンピックを控えて、街中がウキウキしているかのようだ。
貧困層の問題も以前よりは改善され、リオのファベイラ(貧困街)にはUPP(安全警察)が入ったことで今では安全になっているようだ。特にイパネマ等のビーチ近辺ではイベントを控えて安全な街をアピールするため、政府もプライベートカンパニーも多くの資金を投じている。

一方で、まだまだニテロイ(Niteroi側)のファベイラは危険なようで、オスカー•ニーマイヤーの美術館の崖の上に建った近隣住民施設を見学しようとしたら警察に止められた。30分前に銃撃戦があったとのことだ。貧困層の収入増加率が富裕層と比べてあがっているとは言え、まだまだ、問題が大きい。ブラジルの北と南では教育レベルも異なるし、まったく違う国民が混在しているかの様だ。
s-100_2810.jpg
s-RIMG3949.jpg
現代美術館(MAC)
s-RIMG3950.jpg
崖の上の公共集会場




 今回のリオでは4年前に街で偶然出会ったブラジル人の住宅にお世話になった。4年の間で二人は結婚し、男性の方はソーシャルメディア広告会社のCEOとして活躍していた。当たり前のことだけれども、誰もが知らない間に、今、この瞬間にも70億人分の物語が生まれている。
 彼の会社はまだまだ小さな事務所ではあるけれども、若い社員が10人程楽しそうに仕事をしていた。次々と新たな若い仕事へのエネルギーが生まれてきている。
 s-RIMG4010.jpg


上海で知り合った友人(台湾人、アメリカ人)とも合流。ブラジルの会社に勤め始めたらしい。人が動く時代ではあるけれど、他にもサンパウロにも移動した友人もいた。ブラジルは成長が約束されている国だ。活気がある国には人が集まる。そして当たり前のことだけれども、人が集まれない国にも活気は生まれない!
関連記事
[2012/11/07 02:13] |  -ブラジル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌-80「Ferrara Jazzclub」 | ホーム | 世界の工事現場から01〜ブラジル〜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/632-6487e5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。