スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
自転車バー
ブラジル、アントニーナにて、放棄されている線路を活用にあたり、自転車を改造して移動が出来ないかを検討。
そんな時に見つけたのがこのイギリスで開発された14人乗り自転車。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MvyOe4HhBKI

なんとビールサーバーが付いていて、まさに動くBar! これは車なのか、自転車なのか?自転車だとしても、飲みながらって問題じゃないのか?いや、ペダルを回しているけれども、ハンドルは別の人間だから良いのか?色々と突っ込みどころの多い自転車。調べてみると、beer bikeって一般的みたいで色々種類がある模様。日本と同じくビールを飲んで自転車を運転して行けないという法律になったが故に、それに対抗して、自転車に乗りながらビールを飲んでやるぜ!とオランダでも市民権を得ているようだ。足を動かしながらビールを飲むので酔いも回りやすいし、風景も変わりながら飲むビールは美味しいだろう。アイロニカルだけど、面白いアイデア!
29189.jpegbeer_bike.jpeg



こんな感じで、ガソリンのように飲みながら走るという自転車も発見したけれど、これは違反ですね。
http://hackedgadgets.com/2011/07/04/beer-bikes-hit-the-streets-around-the-world/
_beer_bike_17.jpeg


ちなみに
岐阜にはレールマウンテンバイクGattan Go!という旧神岡鉄道の廃線を利用した施設があるとのこと。
飛騨の山の中を専用台車に乗せたマウンテンバイクで線路を走る。
http://rail-mtb.com/
関連記事
[2012/10/26 17:24] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<音楽で決まるブラジルの市長選 | ホーム | 社会階層とデリバリー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/629-c4ebdb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。