スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
まちの共通美意識
 南米に来る度に、街で見かける色使いにはいつも驚かされる。太陽光線が強い地域では煉瓦の上に強い原色が塗られるし、ここVillarrica(ヴィジャリカ)は雨も多いので木材の上に少しくすんだ色が風景に馴染むように使われている。

 色がくすんでいるのは、木材(丸太等)に塗っていることもあり、ペンキもはがれやすくて少し木材の下地が出て来ることもあるだろう。色は壁、窓枠やドア、屋根で色が使い分けられ、この色の組み合わせが絶妙なのだ。そして全ての住宅で同じ色などないし、どれも主張しすぎない。日本なら、、、と常に考えてしまうけれども、それは決して外国を贔屓してしまう日本人目線でみているからではなく、この土地での色使いのコンセンサスが住民全体で取れているからだろう。

このコンセンサスは「共通美意識」と言えるのではないか。

s-RIMG2439.jpg
s-RIMG2433.jpg
s-RIMG2440.jpg
s-RIMG2452.jpg


 時代が変わって、壁材が丸太や木板からトタンに変わっている住宅も多い。しかし、トタンの張り方は丸太の様に間隔が太いものは縦方向に、木板のように間隔が短いものは細めの方向に使われ、どちらも色が塗られている。トタンも木材で培われた共通美意識の下で使われているのが分かる。
 屋根もドイツの影響を受けてか、この地方の伝統的な屋根は木片が敷かれていた。だが今では屋根にはトタンが使われるものが多く、一部はトップライトとするためにプラスチックの波板も使われている。

 街を歩いて見て取れる問題は材料ではなく、新しい住宅には共通美意識が見えなくなっているものが増えていることだ。
 世帯分離によってより多くの住宅供給が必要になる中で、徐々にデベロッパーがデザインに拘ること無く建設して来ているようだ。元々建て売り住宅地であっても、このように原型は同じであっても、窓等に少々の変化があり、色彩もそれぞれ別色に塗られて多少の変化があった。住宅団地の全体計画はともかくとして、色彩の調和としてはそんなに悪い印象はなかった。
s-RIMG2466.jpg
s-RIMG2467.jpg
s-RIMG2464.jpg



しかし、共通美意識を持たないデベロッパーが参入して、計画を進めるとこのように見も蓋もない住宅地もある。

s-RIMG2478.jpg
s-RIMG2494.jpg
特に、屋根のトタンをギンギラのままにさせておくとは言語同断と言いたい。
チベットでも同じことを書いていた。)

 別にいいじゃないか、民間の計画なのだから。デザインが格好悪ったら売れないだけではないかと意見もあるかもしれない。または統一感のある街並だとつまらない、色彩なんて個人の自由でいいじゃないかとでいいと意見があるかもしれない。しかし、住宅は個人のものであっても、街並は街の共通財産街は「みんなのもの」という事が資本主義の中ではついつい忘れられがちだと思う。街並と、セットである「まちの共通美意識」を一度殺してしまったら取り返しがつかない。

 ただし、デベロッパーが独自に地元の共通美意識に合致したものを作るのは難しい。そのために、形態規制の条例やら色彩ガイドラインなどをつくって共通美意識の代用品をを用意する必要がある。

 そして、このガイドラインは単に計画者だけではなく、「街の景観のコンセプト」として運営する人間や住民にも伝え続けて、「共通認識」としたい。


これを考えされられたのは、S市駅前再開発の景観計画。

 S市での景観計画は関係各者によって熱意をもって取り組まれ、その通常は縦割りで設計されてしまう駅前広場やブリッジ、建築、造園、照明などのデザインは、全体の景観コンセプトを共有し、相互に調整しあって実現に至った。しかし、数年経って竣工後に見てみると計画になかった屋根が付加されたり(計画要件変更)、広告看板の位置を整理したが看板のための鉄骨を付加されたり(民間テナントとの調整難航か)、美しく見せようというガラス板に看板が張られたり(運営とのコンセンサスの欠如か)と、良くも悪くも想定通りいかないものだと感じさせられた。
 市民から「山の稜線が見えるようになった」という狙い通りの感想を聞くことが出来た一方で、市民にはどのようなコンセプトでこの駅前が開発されたのかが全く伝わっていなかった。「そんなものがあるとは、見たことも聞いたこともない」と、S市民の学生から聞いた。市民にとっては知らぬところで再開発され、これこれ商業テナントが駅前に入ったと言うだけの感想だった。

 デザインのコンセプトが伝わっていないがゆえに、作ったあとの運営が当初の狙い通りに行かないのだろうか。逆に(不可能であったが)運営する人間が責任をもって関わっていないかったから、設計の段階から食い違いがあったとも言えるかもしれない。計画側が伝える手段がないという反省はあるが、そもそも「まちは共有財産」ということを、市民の方からも放棄しているように感じた。(←少々傲慢だけれど、自分自身の街の計画も知らないので、どこでもそうなんでしょう。)自分の街での計画を継続して知る/関わるというのは、市も計画者も地権者も運営者も市民も、街に関わる全ての人の課題になる。


 街の発展のスピードがゆっくりで、規模も小さいうちは「共通美意識」があればいい。しかし変化の激しい現代においては事前に街並のコンセプト、景観へのコンセンサスの形成が求められている。ここチリ、ヴィジャリカも例外ではない。
関連記事
[2012/08/17 12:27] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<まちづくりパワーアップアイテム その1 | ホーム | 1年3ヶ月ぶりに被災地へ その6(気仙沼)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/626-48fbaf08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。