被災地へ その4( 門脇地区)
天高く積み上げられていた瓦礫は少しずつ少なくなっている。住宅は解体されて、津波で流されたと門脇地区からは海を感じることができる。津波が来る前は海など感じられなかったのに。

雪の降る震災直後のアノ風景を見て、ただただ自分の無力感、脱力感を感じた。
tsunami_ishinomaki6.jpg
(門脇地区2011年3月28日)



アノ風景から多くの若手に強い決意を生んだろう。(11年3月時のブログリンク)


門脇小学校
s-門脇小学校


門脇地区は今ではすっかり片付いていた。
s-門脇地区




これでも車の瓦礫も少なくなっている。
s-車積み上げ


日和山よりの景色
s-RIMG2157.jpg
関連記事
[2012/08/14 23:52] | 震災復興 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1年3ヶ月ぶりに被災地へ その5( 志津川の堤防に想う) | ホーム | 1年3ヶ月ぶりに被災地へ その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/622-2eefd777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |