スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本の未来はどうなるか

これからは個人の利益から、社会の利益を考える世代にならないといけない。
けれども世界の体制も意識も、その変化を受け入れられる状況になっていない。

これから、多くの土地が相続の名の下に分割され、古い建物への愛着も敷地への尊敬の念もなく、ただ機械的に解体され分割され更地にされていくことだろう。僕らまちづくりに関わる人間はそれを止める術を持たない。個人によって分割されるか、隣地と合同で経済的に効率のよいマンションが建つだけだ。

 この行為は僕は土地に対して、生前に建物を愛してくれた人に対して申し訳ないと思う。土地も建物も経済的な消費物ではないはずだ。多くの人は良い(と経済的に言われる)マチヅクリを求める。エコな建物を望む。でも本質的な意味での持続可能な都市など望んでいないのだ。悲しいが、これは事実だ。

 その中で僕らは頑張らなくてはいけない。権利者が許容する範囲で、それでも、より人々を幸せにする建物を。そして、これまで日本をつくってくれた先人が満足するものを。

 傲慢さは捨てる。デザインという名の自己表現も捨てる。全ては他人の為にものづくりをする。こんな気持ちでいる設計者は多くいるのに、世界はゴミを吐き出してばかりだ。他人への見栄とか、自分が正しいと思われるための行儀作法とか言う名の、旧時代の遺物。これと僕らの世代は戦わないといけない。

 既存の中で生き続けている人は、気付いていない。自分の頭が固まっていることに。
もしも、意見に相違があるなら対話すればいい、検討すれば良い。それすら、出来ない。

 原発は安全だとして、訓練も出来なかった。現在、自衛隊は訓練しようとしても東京都では反対がありすぎて訓練すら出来ない。イデオロギーの問題ではなくて、人の人命の問題だ。しかし、震災を経ても、彼らの頭は変わらない。自衛隊は忌むべきもので、存在をしてはいけないというのだ。被災地でどんなに活躍してくれたか、知らないのだろうか。まだ、代案があるならいい。しかし、頭を固めて、シュプレヒコールを叫ぶだけだ。

 時代は動いている。変わってはいけない部分もあるし、変わらないといけない部分もある。自分は正しいのか、省みることが必要だ。もちろん僕も含めて全ての人が。

 さて、僕らの未来のまちは、勝手につくられるんじゃない。一人一人が作る。一人一人の意識が変わらない限り、まちは変わらない。未来は決して良くならない。

でも伝わってほしい。もしも、自分に解決策が見つからないのであれば

新しい世代に託す勇気を。





関連記事
[2012/08/10 23:23] | 世界の未来 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1年3ヶ月ぶりに被災地へ その1 | ホーム | イザというときの為に、山の装備を整えよう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/618-57c0f45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。