スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
パルミジャーノ レッジャーノ
イタリアチーズの王様と言えばParmigiano Reggiano(パルミジャーノ レッジャーノ or英語だとパルメザンチーズ)です。

**
名前の由来は地名からきており、パルマ、レッジョ・エミリア、モデナなどのエミリア・ロマーニャ地方で作られ[2]、DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗ることができ、認定を受けられなかったものは側面に×印をうたれてしまう。
原料は、前日に搾った牛乳を一晩置いて分離した乳脂肪分を抜いたものと当日の朝搾った牛乳を混合したものを用いるので、1日に1回だけ製造できる。 水分を完全に抜き切り、18から36カ月、長い物では5年以上熟成させる為、超硬質のハードチーズとなり、アミノ酸が結晶して白い斑点ができる。


Parmigiano_reggiano_piece.jpeg
wikiより

今回の地震ではパルミジャーノチーズの生産地である場所で起こりました。パルミジャーノチーズの倉庫が酷く損害を受けました。酪農全体で500億円ほどの被害が出ています。パルミジャーノチーズの熟成所が壊れたため、熟成期間中だったものを含めて売り出しざるをえません。よって、この近日中に一気にパルミジャーノ•チーズが割引で販売されます。

parmigiano-terremoto-emilia.jpeg
写真はhttp://www.tempi.it/altro-che-indignati-cosi-reagisce-lemilia-rurale-a-mezzo-miliardo-di-danni#axzz1xHYozIqmより

 しかし、その後工場を再建して、新しく作るにしろ、2〜5年ほど熟成を要するチーズなので、しばらくは通常の値段では食べられなくなるでしょう

ですので、日本でも パルミジャーノチーズを見つけたら、今が買いです。

 クラフト社等市販されている振りかけタイプのでは無くて、固体のパルミジャーノ チーズは本当に美味しい!風味も香りも全く違います。
 是非、この機会に食卓で食べられると思います。このイタリアチーズの王様が今後なかなか手に入らなくなりますし、パルミジャーノチーズを購入してもらうことで、復興にも僅かながら力になることが出来ると思います。



砕いたチーズにジャムや蜂蜜を付けて、ワインのつまみとするのが、パルマ流です。

 ※イタリア旅行の時にデモ街のチーズ屋さんでも購入できます。イタリアだと36ヶ月熟成でも100gあたり250円ほど。1kg以上買えば真空パックにもしてくれるので、イタリアお土産にもオススメです。
関連記事
[2012/06/09 19:07] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「Provvidenti~Molise州の田舎町〜」 | ホーム | エミリア•ロマーナ地震その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/612-d4726fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。