エミリア•ロマーナ地震その3
6月3日にも地震がM5.1の地震がありました。震源地が徐々に西に移って来ています。
(2)震源地




 http://www.meteoweb.eu/の 6/5日21:20分の記事によれば
5月20日から計638回の地震があり、そのうち13回はM4.0を越える地震であった。26人の死者が出ており、350人以上が負傷した。100万人以上が震源に近い位置に住んでいる。77.000人が工場関連で働き、14.000人が農業関係で働いている。

(震災後)市民保護団体から4,500人、1,150人が消防団から働いている。(ほかにもボランティア)

sono 15.574 i posti letto disponibili, di cui 12.180 occupati (9.265 nei campi di accoglienza, poco piu’ di duemila in strutture coperte, altri negli alberghi dopo la convenzione stipulata fra Regione e associazioni di categoria)
15,574のベッド(寝床)が用意され、12,180が埋まっている。そのうち 9265が避難所(体育館、キャンプ場と思われる)、2000人強がテント?、 その他は宿泊所(レジョーネやアソシエーションと提携したホテル等の簡易宿泊所?)に避難している。

約270の学校が全面的もしくは部分的に被害を受けた。
(注:街の建物の崩壊は5月29日時点で7000軒を越えていたので、私は現在の被害を1万軒を越えているだろうと予想しています。)


s_(1)キャンプ
キャンプ場写真
設置はDipartimento Protezione Civile nazionale tramite il Coordinamento delle Regioni(イタリア市民保護団体とでも訳すのでしょうか)に依ります。



イタリア政府は、被害にあった人々への免税措置をすることを決定していますが、例えば地震があったエミリアロマーナ州の特産であるパルメザンチーズ工場に200億円以上の被害が出る等、今後の産業にも大きく影を落とし、失業問題も発生するでしょう。
 現在、SMSを通した募金活動も始まっていますが、地震が収束する気配がなく、まだまだ市民の間に不安が広がっています。


http://www.ingv.it/より 5/20日からの地震発生回数とマグニチュードのまとめ (6/4付け)

s_(3)INGV.jpg
INGN = Istituto Nazionale di Geofisica e Vulcanologia(イタリア 地理学と火山学研究所より)


被害の様子(METEO WEBより) 被災地の写真が豊富

251871_2190338215959_147692430_n.jpeg
地震による陥没地。断層が走っている写真も上記サイトで見ることが出来る。
街中では一部 液状化も見られる。


536302_420827924615095_1033425030_n.jpeg
イタリア 地震リスク図

389657_421268494571038_1531605429_n.jpeg



294951_421270704570817_255672651130624_1320579_105032203_n.jpeg
地震の被害簡易分類


Terremoto-EMilia-Crollo-Torre.jpeg
Finale Emiliaの時計塔の崩壊
関連記事
[2012/06/06 10:40] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<パルミジャーノ レッジャーノ | ホーム | 20120529エミリア•ロマーナ州の地震その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/611-caf1ef8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |