スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
イタリア日誌-70「festa dei vicin!」
festa dei vicini!!(近隣食事会)

5月は外で食べるのが気持ちいい季節。
ついつい、ピクニックや外でのアプリティーボを楽しんでしまいます

そんな季節には各地で(もちろんフェッラーラでも)こんな感じで道を占拠して、近隣住民の夕食会が開かれています。

近隣


もともとイタリア全土で中世からコントラーダ(地区コミュニティ組織と訳せばいいのかな)による食事会が行われていました。
 食事会は本来重要な役割を果たしていて、コントラーダが機能していたときは、地区で生まれた赤ちゃんは教会で洗礼を受け、もう一方でコントラーダに連れてこられて所属を果たしました。つまりイタリア人はクリスチャンと「コントラーダの一員」としての2つの契約を生まれてすぐに果たすわけです。

 イタリア各地で開かれるパリオのお祭りはこのコントラーダの対抗戦のようなものです。各コントラーダの旗を掲げて街を練り歩き、旗振り(バンディエラ)の競技や競馬もあります。このパリオはシエナが最も有名で、今もシエナではコントラーダが非常に強く機能しています。

 しかしながら、シエナなど特殊な都市を除いてイタリアでもコントラーダの結びつきが弱くなってきています。例えばフェッラーラで行われるパリオは世界で最も歴史がありますが、コントラーダの結びつきが弱くなり、イタリア人のいうところのVIVA(生き生きしている)では無いようです。


 そんな近隣の結びつきの薄くなる流れに対抗してか、このように近隣の食事会が各地で開かれることがまた重要視されてきています。日本の町内会のお祭りに近い感じがありますね、


でも、もっと緩くて、だれでも迎え入れてくれる、
そんな温かいイベントです。

関連記事
[2012/05/27 23:58] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<20120529エミリア•ロマーナ州の地震その2 | ホーム | フェッラーラ地震速報>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/609-8175e9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。