スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
フェッラーラ地震速報
■地震発生!
夜中の4時にエミリアロマーニャ州にM5.9の地震あり。寝てて縦揺れが激しく、ドンガラドンガラという感じ。強い衝撃だったので、外に避難。(実際には、ペットボトルも倒れないぐらいで、本屋の書籍にもほぼ乱れは見られない。直下型で震度は3ぐらいでしょう。外に逃げたのはイタリアの建物が信用置けないから)。外にはパジャマ姿で避難している人多数。近隣の人の話を聞く限り、外に避難するような地震は1978年以来だ、とのことでした。

s_IMAG1214.jpg
本屋の本すら落ちていない、横揺れの無い地震


■市民の様子

 今年に入ってからエミリアロマーニャ州は地震が何度かあるのですが、全て直下型地震で地震の被害範囲は狭いです。体感の揺れは激しいのですが建物ごと縦に揺れます。礎石造やポルティコは、横揺れには非常に弱いのですが、地盤ごとの縦揺れであったため、体感の揺れほどは建物の被害が少なかったのでしょう。
もちろん、これは日本人の建築家としての感想であり、現地の人にとってはこの世が終わるかという感じだったようです。ただ、パジャマ姿で逃げて怖がっている人がいる一方で、避難して立っている場所が崩落時に危ないのではと思ったり、あんたらガス栓とか閉めて来た?と思ったり、地震時の避難に関しての対処はできていません。それが故に、恐怖が大きかったことと思います。

s_IMAG1217.jpg
街の中心に避難して来た市民。土曜日の夜だったので夜中の4時でも飲み続けていた人もいるかも。

s_IMAG1219.jpg
避難した近隣住民。始めはパジャマの人が多かったので、かなり焦っていたのだろう。夜中に雑談。


■現地の情報
ニュースを見ていますが、イタリア中のトップニュースです。増えるでしょうが現在6人ほど亡くなられたそうです。完全に崩壊した建物ばかり映すので、被害がひどい様に見えますが、フェッラーラ中心部は平穏です。フェッラーラと言う名前が出ますが、フェッラーラのコムーネの範囲とフェッラーラ県との範囲は異なります。地震の直下地点が酷かったのでしょうか。工場のタンクが崩壊したり、建物から救い出された人の映像など流れています。

フェッラーラ県近郊のMIRABELLO
533130_10150854627673897_144233198896_9811432_534121823_n.jpeg
完全に崩壊したフェッラーラから南西に5kmほどのMirabellaの教会(ニュースより)
という教会などは完全に崩壊しています。(リンク先)
http://www.ilrestodelcarlino.it/ferrara/cronaca/2012/05/20/715478-terremoto-ferrara.shtml


■現地レポート
 朝、街に出て地震の被害を見てきました。夜中は暗くてそんなに被害がないように見えましたが、街を歩くと各所に危険防止のテープが貼られていました。一つ一つの被害も光の下だと明確に被害把握が出来ました。エステンス城の上部も少々崩壊していましし、建物にひび割れ、一部建物が崩壊して石が落ちて来て車がの窓が破壊されたりしていました。(写真)


s_ferrara地震

s_フェッラーラ地震
エステンス城北東の頂部が崩壊


s_RIMG2713.jpg
教会の破風部分の崩壊

s_RIMG2707.jpg
可哀想にベンツが、、、地震だと保険も効かないだろうし。




また、実際には外観からは分からない古い住宅の内部にはヒビ割れなどあるでしょうし、実際にはもっと被害があるでしょう。しかし、それを考慮しても、とりあえずはフェッラーラの旧市街内には大きな被害は少ないようです。



■フェッラーラ地震の特徴
 被害の多くは、古い建物の頂部が崩れていたり、破風の上部に付属している像が落ちている、建物同士がくっついている部分がひび割れている、というのが特徴です。
s_RIMG2704.jpg

s_RIMG2701.jpg
教会の頂部から落ちた像


考察:
(1)建物全体が揺れるため、全体は崩壊しにくい。
(2)地震以前に建物が傾いて隣建物とくっついていた場合、建物の力の流れの方向が異なるため、そこからひび割れが入る。
(3)地震は直下型の縦揺れであったため、横揺れによる曲げ応力が建物に掛からなかった。曲げ応力に弱い礎石造であっても、被害が少なかった原因。
(4)建物の頂部の崩壊は、振れの最終時点で引っ張りの力が加わるためであろう。又、建物本体と付属部分との接着部分に大きい引っ張り力がかかり、そこが崩壊したのだろう。一方、下部にも同じ力が振れの周期に加えて重力と質量が加えるが壊れていないのは圧縮力には強いため。

■今後の地震対策
(1)(2)(3)は取り急ぎ放っておく。対応出来る(4)に関して、全ての建物の頂部付属部分は建物本体と金具にて緊結ことが必要。特に協会の像等は抜けないようにまずは特殊接着剤にて固定し、外から見えない範囲で金具を外から回して固定することが被害を最小に抑えるだろう。

s_RIMG2709.jpg
頂部から落ちてきた装飾。固定方法は鉄の棒で刺してあっただけの様だ。これが当たったら車の中にいても間違いなく死ぬ。


また、当然ながら地震への避難や対応の仕方等は、一度ぐらいは市民全員がしっかり学んでおくべき。もちろん、非常用袋の常備などは火事などの非常事態にも役立ちますしね。

以上、簡易レポート!



追記
明日はフェッラーラの学校、大学や劇場等全てが安全のため閉まるとのこと。

地震データ
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/usb0009tu7.html

情報
http://www.ilfattoquotidiano.it/2012/05/20/terremoto-richter-alle-emilia-romagna/235305/

ferrara地震続き。地震発生から1日半、建物が一部崩壊して大通りに飛び散った石が、まだまだそのまま残っています。交通の邪魔になっているのにも関わらず、周りに囲いのテープが張られ、破片のある箇所が道路ごと侵入禁止になっています。勝手に片付けられないのは、すべての欠片が世界遺産なので。スムーズな交通よりも遺跡だ大事。これにはちょっと驚きました。こんな場所が街に数多くあるので、まだまだ時間が落ち着くまでに時間がかかりそうです.日本の地震災害とはちょっと違う復興の難しさがあります。
関連記事
[2012/05/20 21:03] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌-70「festa dei vicin!」 | ホーム | イタリア日誌-68「T-day!Bologna」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/608-52b07cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。