スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ゲリラ的まちづくり
街で使われていない場所に「ゲリラ的に」花を植えてしまおう。空間を素晴らしいものに変えていこうというプロジェクト。イタリアでは行政が遅々として進まないので、民がその分頑張るのがイタリアのまちづくりの特徴と言える。
http://www.guerrillagardening.it/


このプロジェクトを見て、昔自分がやったことを思い出した。
もう10年以上も前、参加型まちづくりの無力感から、じゃぁ、とりあえずうちの街から変えてみようと 地元友人一人を(無理矢理)連れ出して、深夜にこっそり線路の金網沿いに朝顔の種を植えていった。2、3年経つと世話していないのにも関わらず、毎年毎年朝顔が咲いている範囲が広がって、夏前になると線路沿いがずっと朝顔だらけになっていた。なんか嬉しかった。 

 このゲリラ的活動が社会的に褒められるものかどうかは分からないけれど、良くも悪くも 学生のときにしかない(と言われる)変な情熱があったんだなと思う。無駄だと思えるような出来事が、ふと10年後によみがえってくることがある。スティーブ•ジョブスのカリグラフィーの話のように、当時は無駄なように思える行動が、いつか実を伴って自分にかえってきてくれればいいのだが。

関連記事
[2012/04/11 09:24] | 建築・都市コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌62「修復現場-2」 | ホーム | イタリア日誌-61「大学卒業の儀式」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/600-e8c28aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。