イタリア日誌-60「Studio Aperti」
フェッラーラの街の12の事務所建築事務所を好きに訪れて、無料でワインとつまみが食べられるという企画。

近くのフィエラ(見本市)で修復に関する展示やセミナーが行われているため、フェッラーラの建築事務所が共同で開催しているもの。良く海外でも金曜日にプロジェクトを持ち寄ってスライド会などすることがあるけれど、この企画は街ぐるみ。ゴールデン街の飲み歩きイベントに近いかもしれない。しかも無料。

sRIMG1237.jpg
門の前にはこの看板

sRIMG1253.jpg
事務所の対面を使ってのプロジェクト紹介

sRIMG1234.jpg
テーブルに並ぶつまみ


sRIMG1239.jpg
普段は締め切られているはずの事務所がこのように開かれている

sRIMG1247.jpg
音楽やドローイングのイベントも


 こんなに自由なイベントだと日本だと浮浪者が来るのではと心配したりするけれど、こちらは実にオープン。日本は、極少数の変人やルールを守れない人がいる為にシステム自体が極度に窮屈になって制限されている。例えば契約の際に異常に面倒な説明を受けるのも、極少数のクレーマー対策のためだ。こうして日本の全員がその不利益を受けているけれど、イタリアにはそのリスクが無いのだろうか? うらやましい。


 いやぁ、イタリアって素晴らしいなぁ。心が広いなぁ。自分みたいな外国人で誰の紹介もないのに快く迎え入れてくれて、プロジェクトの説明をしてくれ、ワインもつまみも振る舞ってくれるなんて。。。。


そんな感動を胸に、3~4杯のワインを飲み終えて、3つ目の事務所に訪問してみると、、、

「あれ?」

「へんな人がいる。」

明らかに浮浪者。近づくと臭い。

sRIMG1243.jpg


追い出される訳ではないが、誰と話す訳ではなく、突っ立っていた。

彼はもっとお酒をほしがっていたようだが、

事務所の人は「もう酒はないよ」とにこやかに断っていた。


うーん。うーん。この辺スゴいな。
日本人ならどう対応するだろう。
もしくは、もっとスマートな対応はあるのだろうか。



ともあれ、この企画は素晴らしい。
街ぐるみで開くイベントだからこそ。
建築事務所だけで開くのは難しいかもしれないけれども、日本で呑み歩きイベントや特定の業種では既にある。プロモーション抜きにして、街ぐるみのイベントの動きがもっともっと盛んになれば、きっと街はもっと面白くなる。
関連記事
[2012/03/31 07:05] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌-61「大学卒業の儀式」 | ホーム | イタリア日誌-59「自転車は組み立てるもの」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/598-7aa9b1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |