イタリア日誌-58「戸締まりはやっぱり大事」
家に帰ってみると、泥棒が鍵をこじ開けようと試みていた後を発見!
中には入れられなかった様だけれども、安心し切っていただけに

((((((;゚Д゚))))))ガクガクプルプル

IMAG1030のコピー

住んでいるマンションにはエントランスと玄関に鍵がついているんだけれども、イタリアって「外部の人(郵便局員とか)に鍵があいてないから開けてーっ」て言われると、ついついエントランスの鍵を開けてしまう。なので、はっきり言ってエントランスの鍵の意味が無い。
 もしも、開けてもらった人が泥棒だった場合、チャイムを押しても返事がない家を確認してから、よその家の人にエントランスの鍵を開けてもらって忍び込み、こんな風に留守の家の玄関の鍵をバールでこじ開けようとするんだろうか。

うーむ。

関連記事
[2012/03/22 05:27] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<イタリア日誌-59「自転車は組み立てるもの」 | ホーム | 日本人はなんで縦書きに書くの?>>
コメント
ええっ。おそろしい。
無事でなにより、ですね。
[2012/03/23 00:10] URL | ちろねこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/594-43e98878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |