スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
金正日が亡くなった
金正日がなくなったか。世界のパワーバランス的には北朝鮮は独立を保っているのが良いのかもしれないが、5年以内に北朝鮮が崩壊に向かい、それを吸収しようとする中国と、(統計データ的には)吸収したくないけど民族問題として取られたくない韓国やらアメリカやらの干渉がどう動くのか。まぁ、基本内政問題なので、人道的な援助はするけれども日本人としては基本無干渉すべきなのでしょうが。んーん、激動ですね。

フセインもビンラディンもいなくなり、金正日も亡くなった。世界には分かりやすい悪役がいなくなった。悪者がいなくなって単純に平和になったと考えるのではなくて、ロシアが崩壊して東西冷戦の構図がなくなったように、世界の問題はもっともっと複雑化して分かりにくくなった。何が世界を操っているのか、僕らはもっともっと世界の動きの内側を見ていかないといけないだろう。


いずれにしろ5年以内に起こる動乱後は北朝鮮の2300万人を韓国だけでは面倒見きれないので、中国と日本が協力することになると思います。動乱後の5年ぐらいは、日本国内には「なんで日本が協力しないといけないんだと!」と 不満が出るでしょうが、戦争のリスクが減ると思って温かい目で見守って欲しいと思います。北朝鮮が破れかぶれの戦争を起こしてしまったらその後の、日本や世界の人の北朝鮮国民への感情が心配です。


 以前、中国漁船拿捕のデモの時ににも書いたけれども、排他主義は恐ろしい。多分、北朝鮮難民を許すなとか、海上自衛隊を強化せよといった文面がネット上を飾ると思う。5年以内に起こる内戦後は5年ほどは大動乱があるだろうし、難民による日本での犯罪も起こりうるだろう。けれども、現在ある戦争のリスクや核爆弾が打ち込まれるリスクと比べたらよっぽどマシではないか。僕らの生きている世界は 「悪い世界」か、「それよりはちょっとマシな世界しかない」。そうおおらかに考えれば、難民を一定の管理と法制度に則って受け入れた方がマシだろう。それも仕方なくではなく、暖かく迎えることが国益に叶う。運の良いことに(?)、日本には朝鮮語を話せる2世3世の先住者がいて、日本社会に迎え入れる土壌があるのだ。


『動乱期の国民感情は100年残る。』それが「敵意」となるか、「感謝の気持ち」となるか。僕らの子供達、100年後の日本人の敵を僕らが作ることはない。


北朝鮮崩壊のシナリオの中で どのシナリオが最も中国-アメリカ-韓国-ロシア-日本の順にメリットがあるのかを考えれば、起こる確率は決まってくるように思う。南北統一を韓国は望んでいないし、中国もロシアも緩衝地帯が(もはや戦略上殆ど必要ないが)欲しい。中国はアメリカが御し得ず、かつ自分の下に付くならず者国家があった方が都合がよい。シナリオ3のアラブの春が起こると共産主義体制の中国は困る。また、ならず者国家がなくなると予算を削られ、軍を展開する大義名分もなくなってしまうアメリカも困る。

これら強国のメリットを考えれば、『北朝鮮が多少厄介な独立国家としてそのまま成立していた方が都合がよい』わけで、民衆の国家転覆が起こる前に、中国+韓国+アメリカの思惑(裏での協力によって)軍部によるクーデターが起こさせる可能性があるのでは? 韓国との戦争は金一族の暴発でしか起こらず、どの国家も望んでいないので起こり得ない。

いずれにしろ、5年以内に激動が起こる。
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2011/12/19 19:40] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌-48「Presepio プレゼーピオ」 | ホーム | イタリア日誌47-「Urban center」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/577-3d390301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。