イタリア日誌-30「ウンブリアの旅はバスでどうぞ」
ウンブリアはバスで移動するのが一番だ。
 「地球の歩き方」がユーレイルパスを販売しているせいで、それを売る為に電車の情報ばかり載せている。(なんて旅人の間では言われているけれども、実際は知らない。少なくとも日本人の旅行者は電車に誘導されているようだ。)
僕も昔はそうであったように、学生は購入したユーレイルパスを使わなくては勿体ないという理由から電車を選択することになる。
 


バスなら電車と違って、坂道でも走れるし、ウンブリアの街の歴史的地区に直接着くことが出来る。例えばアッシジからペルージャならバスなら中心から中心まで40分ほどで着くけれど、電車だと中心地から駅まで歩いたら30分以上かかるし、電車の待ち時間ももったいない。ユーレイルパスも高いけど、高い航空券を使ってヨーロッパにいる時間も貴重だと思うからバス代は高いものじゃない。

 ウンブリア地方では本当は自家用車が一番だけれども、バスと電車、出来ればヒッチハイクも組み合わせるのが上手に旅行するコツ。電車だと駅に荷物預かり所が必ずあるので重宝するけれども、まぁそんなのは近くのバーやタバコ屋さんにお願いして預かってもらえばいい。


 補足をすると、バスの切符はバーで買う。近くのバーに行って切符を買わないと、バスに乗ってから降りろと言われることになってしまう。バーが切符の売り場をかねているように、バーは結構、街のいろいろな機能を補完している。日本でいうコンビニ+社交場的なところがあるかもしれない。切符は売っていないけれども行政に出すための証書を売っているのはタバコ店だし、小商店は地域にしっかり根付いている。
関連記事
[2011/09/30 04:36] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌31-「Marci della Pace(平和への行進)」 | ホーム | イタリア日誌-29「ウンブリアの交通シリーズ ”in Gubbio”」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/551-cd7425bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |