スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「日本人、責任と自覚/大統領制度」


 仮説。日本人は何か悲劇的なことや失敗があったとき、自然のせい、他人のせいにしてきた国民性があるのではないか。提案を行うのではなく、人の非難から始めてしまう傾向もだ。そのために問題が解決しにくい。
 
 今、もしも僕らが政治の問題を、政治家のせいにしているならば、僕らも同罪とも言えるかもしれない。


 この日本人のメンタリティーこそが様々に隠蔽されてきた問題の根本にあるかもしれない。マスコミだけでなく僕らは常に人のせいにしがちだ。原発の問題もしかりだし、他の問題もそうだ。まず、制度として日本で大統領制を導入したらどうか。一人一人が責任を持って直接的に選ぶ大統領制は日本人の責任転嫁精神を根本的に変えうるきっかけになるのではないか。


というのも

 僕らは問題が起きた場合のみ問題に目を向けて、うやむやにされて、嵐が過ぎ去って、また他のことに目を向ける。将来の問題が起こりそうなことには目を向けない、目を向けても問題が起こるまで適当に放っておく。

 原発の時の保安院の体制などの管轄が問題視されたが、日本には異常な体制がまだまだある。例えば公認会計事務所だって異常な体制だ。会社の税金をきちんと払っているか検査する人間(=監査法人)が、検査する側からお金をもらって仕事をする構図はやはり道義的におかしい。IBMが監査機関と共に手を組んで2000億円の脱税を図ったというニュースが流れた。事実関係はニュースに任せたい。しかし、要するに構造、体制自体がおかしいのにそれを見て見ぬ振りをしている。そこに実用的で切り離せない関係もあるけれど、利権や慢性的な癒着があるからだろう。
 そして、僕らにとっては危機的な体制が一つ。60年、ずーっと解決できていない問題がある。自衛隊だ。法的に矛盾を抱えているままに、そのことに目を向けないというか安定した体制に持っていけない。
 明日、空爆されたとして、日本人はどう考えるか?「なんで今まで政府は国防についてしっかりと決めていなかったのか?」と政府を糾弾するのではないか。一方で、その議論を行うだけで批判が上がり、議論すらままならない状態が続いている。だから問題は常に棚上げにしておく。長大な国債しかり。

 建築界では以前姉歯の事件があってから申請の体制が大きく変わった。改悪になった部分もあるが、日本では問題が起こって初めて体制が少し変わる。しかし、他国に空爆されるまで、国が借金で破綻するまで問題を先送りするのだろうか。

 
 でも、本来、政治は政府のものではなくて自分自身のもの、と誰もが学校で習ったのではないだろうか。

 決定を先送りにするという体制は、責任を取らないという姿勢から始まると言えるかもしれない。それは日本人がはっきりした態度を望まないから。しかし、もうそうは言ってられない。日本人全体の責任転嫁精神を変えないとやっていけない。



 先日またもや、国民の預かり知らぬところで新しい首相が決まった。また、この首相が失敗しても、国民も政治家も彼に責任を押し付ければよい。

これの繰り返しでよいのだろうか。

 まず第一のステップとして国民全員が任命責任を持つように、大統領制度という考え方もあろうと思う。
関連記事
[2011/09/02 22:57] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<イタリア日誌20-「イタリア大使館への申請/仮面の下の涙」 | ホーム | 季刊まちづくり32号震災特集 刊行>>
コメント
no will
意見 (考え) は、各人で違っている。
だが、一つの意見を選んで、それを社会の意見とすれば、代表制民主主義がなりたつ。
だから、有権者は、個人的な意見の違いを把握して個人選び (投票) をしなければならない。
個人の意見を社会の意見と認めることができれば、議会政治もうまくゆく。

意思は未来時制の内容であり、日本語に時制はない。
それで、日本人に、考えはない。あるのは、実況放送と現状報告の内容ばかりである。
本人に自分の意見を述べる意欲もなく、相手に話者の意見を把握する努力もない。
これでは、議論はできない。あるのは、事実関係調べだけである。

日本人の暮らしは、子供の使いのようなものである。
有るものはある。無いものはない。
必要なものを自分自ら獲得するのが大人の態度であるが、これができない。
日本人は子供の態度でいる。いまだに、神 (親) 頼みでいる。問題を解決する能力がない。

能動がない。
周囲の者から、「そこは、ああするものだ」、「ここは、こうするものだ」と入れ知恵されて、それを行う。
他力本願の人の心は、被害者意識に満ち満ちている。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ。

意思のないところには責任もなく、成り行き任せになる。
これが自然の状態であるとして、満足しているようにも見える。が、人間主義がない。
行方も知れぬ、日本人の道かな。

[2011/09/02 23:17] URL | noga #sqx2p0JE [ 編集 ]
興味深く読ませてもらいました。
そうなんですね。僕ら日本人はどうしたらいいでしょう?僕は忍びがたきを忍べる日本人を愛しているので、答えにくいのです。
[2011/09/04 02:16] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
興味深く読ませてもらいました。
そうなんですね。僕ら日本人はどうしたらいいでしょう?僕は忍びがたきを忍べる日本人が大好きなので、答えにくいのです。
[2011/09/04 02:16] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/540-e51e8a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。