イタリア日誌-14「イタリアに、なぜ 鳩が多いのか考察」
イタリアには本当に鳩が多い。広場でも駅でもどこでもこれでもかというぐらい鳩が歩いている。イタリア人に聞けば、「それが普通だから」なんてイケズな答えが返ってくる。
もう少し考えてみようよ。

1、 気温と湿度
2、 アプリティーボがこぼれてくるなど、鳩のえさが多いから?
3、 ヨーロッパだと幸せの鳥として見なされるから?
4、 頭を動かさないと歩けない鳩は手を動かさないとしゃべれないイタリア人へのオマージュ?

それにしても多い。
いやいや、だってさ、
そして、時たま「空からグッドラック」降ってくる。
肩にポトッと、頭にベチョッと、車にダンダカ。こんなにも降ってくる。
遺跡だって真っ白になってしまうぐらい。
少し手を打たないのだろうか。

もちろん、駅にも境界にも鳩除けの針がいたるところにある。でもさ、でもだよ、駆除しないの?

イタリア人曰く、そんなの自然じゃないでしょ!殺すわけにもいかないしって!
ブルガリア人が大量に移住して、鳩を食べるような習慣がつけば、鳩も少なくなるのかしら?
関連記事
[2011/07/14 16:25] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌15-「席料と空間と」 | ホーム | イタリア日誌13-「イタリア人はいつからイタリア人か」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/524-2b866644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |