イタリア日誌13-「イタリア人はいつからイタリア人か」
第二次大戦のとき捕虜となったイタリア人兵士は、手足を縄できつく縛られ、酷い拷問を受けたという。


アメリカ兵「さて、突撃部隊はいったいどこに潜んでやがるんだ!吐け!ボカ!スカ!」


イタリア兵「•••••••••••(沈黙)」


アメリカ兵「まだ口を割らないってのか強情なやつめ、これでどうだ!バコ!バキ!」


イタリア兵「•••••••••(沈黙)」


アメリカ兵「はぁはぁ、なんて強情な奴なんだ、分かったお前は何もしらないっていうのか。ショウガねぇ、縄をほどいてやるからとっとと消えな!」


するり、縄をほどく。


イタリア兵「いてーよー!痛ぇーよ!なんだっていうんだよ!突撃部隊なら40km先に潜んでいるよ!説明させたいんだったら、縄をほどけよ!


アメリカ兵「な、な、な、、、、なんで拷問を受ける前に話さないんだ!」


イギリス兵「そ、そうだ!イタリア人は手を動かさないと話せないんだ!同じヨーロッパなのに忘れてたぜ!」





•••なんてことがあったかどうかは知らないけれども、

イタリア人は本当に多くのジェスチャーをおこなう。まるで鳩が頭を前後に動かさないと前に歩けないのと同じように、マグロが泳いでないと死んでしまうように。イタリア人は手を動かさないと機能停止してしまう。



「考える、よって我あり」ではなく「ジェスチャーする、よって我あり」がイタリア人。

友達の家で、わずか二歳過ぎの子供が、大人のイタリア人のように大きく手を動かしてマンマに感動をアピールしていた。少なくても二歳の段階からイタリア人はイタリア人になるようだ。


私もイタリア•ジェスチャー学校に通って、手の動きを覚えなければ。
イタリアでは手は口ほどにモノを語る。


~Amicizia italiani e piccioni ~

Perché in Italia ci sono molti piccioni?
E 'perché gli italiani nutrono simpatia per I picciononi.
Questa simpatia si è siviluppata nella seconda guerra mondaiale.

I soldati italiani eraro parigionieri dei soldali americani e inglesi.
Le sue mani e piedi sonostatt legati con la corda, Poteva non si muovere gli arti.

Il soldato americano: "Beh, un oereo distaccato sta in agguato da qualche parte? Avamti, Parla!!"

“Doga! Bachi!”(battere rumore)

Il soldato italiano "• • • • • • • • • • • (silenzio)"

Il soldato americano, " Non parlate ancora? Che musone!!!Sputa l’osso!!!

“Doga! Bachi!(battere rumore)

iI soldato italianio"• • • • • • • • • (silenzio)"

il Soldato americano, "Uh Huh, Che musone!! io so che tu non sai che cosa dire. Ti Lasciaro libera!"

slega la corda.

iI soldato italianio "ahi ahi i soldati si sono noscoshi 50km lontano! Se vuoi are sapere informazioni, devi slegare la corda prima! “!

il soldato Americano ', no,,,, non si parla di fronte a tortura perché "

Soldato inglese "la sua, lo so! Ho dimenticoho! Gli italiani non possono poulare senza muovere le mani. l
No, lo So che si tratti davvero.

Gli Italiani usanosempre un gesto come i piccioni che non possono comminare senza muovere la testa

Sì.

Pertanto, ghi italiani sentono simpatia per i piccioni.
関連記事
[2011/07/13 16:24] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリア日誌-14「イタリアに、なぜ 鳩が多いのか考察」 | ホーム | イタリア日誌-12「蓮舫とイタリア人」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/523-e44e3e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |