スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【イタリア日誌-01】イタリアと中国と日本
塩野七生さんの イタリアだより で紹介されている内容にこんな記述があった

かつての大統領エイナウディは『無駄な説教』と題した書物のなかで、
あなた方の説くことは、イタリア人には無駄なので聞き入れられないとしても、それはあなた方のせいではないのです。神様のせいなのです。

ある時、世界の国々を作っていた神様に天使の一人がこう聞いたのでそうです。

「神様、イタリアばかりこんなに美しい自然と温暖な気候に創られては、ほかの国々との釣り合いが取れず、不公平ではありませんか」

神様は答えました。

「心配することはないんだよ。イタリア人を入れておいたから大丈夫だ」



まぁ、イタリアだけではなく、ラテンな国はそんなところだ。でも、僕はラテンな人の突き抜けた陽気が好きだ。



さて、続きを書いてみる。



「神様、中国ばかりこんな峻険な自然と厳しい気候に創られては、他の国々と釣り合いが取れず、不公平ではありませんか」

神様は答えました。

「心配することはないんだよ。たくましい中国人を入れておいたから大丈夫だ



さて、日本はどうだろう?

「神様、日本ばかりこんな美しい自然と温暖な気候に創られては、他の国々との釣り合いが取れず不公平ではありませんか」

神様は答えました。


「心配することはないんだよ。日本人を入れておいたから大丈夫だ。勝手に自滅してくれるさ
関連記事
[2011/06/16 11:46] | イタリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<文明の衝突 サミュエル・P・ハンティントン | ホーム | 企画書 「MountScape -屋根プロジェクト ~ネパール山岳地方の景観と住まいの共生を目指して~」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/510-72bf8022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。