[080225]Yellowknife
  ついに晴天。けれども外は-22℃。-30℃ではないのでまだ暖かい方らしい、現地の人曰く「バナナで人は殺せない寒さ」という慣用句があるとか無いとか。シャボン玉を凍らせる実験をしてみたが、がんばっても球体で凍ることは無かった。-40℃とは別次元なのだろう。

s-shabonice_20080226193454.jpg


犬ぞりとスノーモービルのツアーをブッキング。200頭もいる中から元気な犬達が選ばれて来る。ハスキー種で大きさは柴犬よりちょっと大きいくらいである割には足が太く、犬ぞり用に進化している。そりを引くのは全員メスと聞いた。オスがいると怠けてしまうのかもしれない。
s-inuzori3.jpg
雪原に出ると6頭編成の犬達が元気よく大人2人が乗ったソリを引っ張っていく。予想以上のスピードで、急カーブでは、一度飛ばされてしまったほどだ。雪原は広く美しい。しかし、5分も経つと風が恐ろしく冷たく、犬ぞりを操縦しているときなどは、手が痛くてそれ以外のことが考えられなくなるほどだ。天気に見えても-20℃以下の世界は、予想を超えている。

s-inuzori2.jpg



スノーモービルもどうせならスピードを最高速まで出して見たいと思ったが、加速が恐ろしく早い。雪上ではカーブをするのもハンドルが重いため、端からみるより難しい。

空は常に青いが、イエローナイフの雪上も青い。緯度が高いせいなのだろう。可視光線の中でも紫外線に近い色が雪上を染める。


ツアーに参加している人はほぼ日本人。というより、イエローナイフに観光で来ているのは日本人だけではないかと思うほどだ。というのも、イエローナイフはダイヤモンドや金銀が取れたため、州都となり、2万人もいる町だ。オーロラはイエローナイフでなくても、同じ緯度で平原地帯であれば同じように見えるので、カナダ人はわざわざ都市部に来ないで他の白熊が見られる町などに行くようだ。昼ごろに地元記者の取材を受け、「なぜアラスカや他の地域を選ばずにイエローナイフに来たのか」と聞かれたが、きっとカナダ人にとってはオーロラなど日常の現象であり、オーロラの為だったらイエローナイフに行くことはないのだろう。日本で提供される観光情報、街で見かける写真は観光に携わる人間が意図的に流している情報だ。ボリビアのウユニや、行った事はないがパキスタンのフンザなどは素晴らしいところだが、行きにくいので観光業は写真をみせない。こうやって観光は情報操作の上に成り立っているのだと思う。



 2日間ほどオーロラが見られず、延泊も考えたが、今日は晴れているので思い切ってオーロラビレッジのツアーに参加することにした。実は曇っていて見ることを諦めていた昨夜でさえ、観賞ツアーに参加した人間は素晴らしいオーロラを見ることが出来たようで、一日のうちたった5分ほど現れたオーロラを自分一人で見つけることは不可能と判断したからだ。もちろん、ビレッジに行ったからといって見られない可能性も大いにあるのでなんともいえないが、チャンスは大きい。

 ビレッジに行ってみると町の明かりが無くなり、深い闇の中にインディアンの移動式住居であるティーピーだけが光っている。遠くにある町の方向が明るく光っている。あの明中でオーロラを見るのと、ここでは見え方も違うだろう。

s-DSC_3982.jpg

街では曇りきっていたのが嘘のように晴れていた。到着時にうっすらと見えていたオーロラも次第に光を増し、光の筋がはっきりと見えてくる。天を翔る竜のようだ。星の下、雲の彼方上、空の真ん中に釣り下がる白いカーテン。時には風に揺られるようにゆらりと形を変化させていく。オーロラの動きが盛んになるブレイクアップとまでは見られなかったが、それでもレベル5まである中のレベル3までは見えていた。
氷の湖の上に椅子をおいて、体中が冷え切るまで空を眺め、テーピーに戻っては温まり、そしてまた満天の星空とオーロラを観賞した。
>s-DSC_3981.jpg


写真では感度が良いため、色がついて見えるが、肉眼ではほぼ白にしか見えなかった。肉眼で見えるほど色がはっきりと付くのは、めったに無いことのようである。

最終日、オーロラを見られずに帰ることになるかと思っていたが、やはり、旅には幸運がついているようだ。
関連記事

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

[2008/02/25 19:29] |  -カナダ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<[080226]Yellowknife→Calgary→Bunff | ホーム | [コラム]チップ制度とコイン>>
コメント
オーロラすげえ!

良かったなー、マジで。


毎日楽しく読ませてもらってますよ。

たまには、かしこまった文章じゃなくて、今日の「バナナ~」のくだりみたいに、山ちゃんらしいコメント&スケッチも、じゃんじゃんお願いしますね。

ではでは、引き続き、良い旅を!
こちらは、毎年恒例の、魔の年度末に突入します。。

[2008/02/27 00:27] URL | cobucya #lobHZa1o [ 編集 ]
>cobatya
おう。少しづつそうするよ。ただ、個人的な出会いや失敗などは面白おかしくかけるのだが、後々まで残るので、4,5年後に困るかも知れない。

たとえば、君が旅行したとして、将来大きな仕事をしたとしよう。そのとき地権者が君のサイトを見たときにどういう気持ちになるか。それを考えると、二の足踏むなぁ。

がんばって魔の年度末を乗り切ってくれ。個人的には旅行も楽しいが、仕事も楽しいと思うよ。
[2008/02/27 05:32] URL | Hiroki #- [ 編集 ]
オーロラ、素敵だ。
俺も見たくなった。
[2008/02/27 10:09] URL | K@KSK #- [ 編集 ]
やっぱり何か憑いてますね.
強運にもほどがあります.

それはそうと,写真のデータとかは,どこに貯めてるんですか??

ふるかわ
[2008/02/27 15:24] URL | naoaki.furukawa #- [ 編集 ]
素敵な写真!!

読んでいたら、肉眼で見える色もみてみたくなっちゃいます
また、憧れがつのりました

見せて頂いて、ありがとうございました ^-^


寒い中お体気をつけてくださいね


[2008/02/28 00:19] URL | ちろねこ #- [ 編集 ]
>K@KSK
 いいですよーー オーロラは、まぁ 日中暇だし、他にすることもないので誰かと来ることをお勧めします。

>ふるかわ
 コンピューターさ。たまにどこかでCDに焼かないと不安だが。

>ちろねこ
おうよ。結構苦労してるけどなんとかアップしていますよ。見ている人がいるとついがんばってしまう
[2008/02/29 08:45] URL | hiroki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/50-586fe868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |