スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高速道路料金が無料となる災害復興支援車両の申請(災害派遣等従事車両証明書)
宮城県や岩手県などの被災地行政からの要請を受けて、東京都23区役所の防災課では災害復興支援車両(災害派遣等従事車両)の申請手続きを行っています。区ではこの情報をHP等では記載していません。被災地へ支援に向かう方は是非この申請をしておいてください。高速料金が無料になります。
(判断難しいですが、個人ボランティアには適応されないのが前提であると思います。)

 申請にあたっては道路名/通行区間、使用日、団体名や車両番号、支援内容、役職、乗者名など使用日ごとに明確に書かねばなりません。手書きが煩雑かつ、申請人数も増えているので申請後から許可証発行まで時間がかかります。私は次の日に出発するために30分で受け取りが出来ましたが、おそらく今後申請が増えていくことが予想されるので、発行まで1日以上かかるようになると思います。


 私の予想ですが、この許可証発行は、あと1週間でパンクすることと思います。ブログで紹介するのはその加担にもなるかと思いますがあまり見られていないこと、またいずれパンクして別の方式に移行すると思いますので、私の仲間にはこの情報を役立ててほしいと思います。ちなみに別の方法というのは、一括禁止か東北道の無料化ないし、例えば払い戻しなどのより面倒な手続きになるかと。
 これを回避するにはウェブ上にフォーマットをDOCかPDFでアップしておいて、プリントして持ってきてもらうようにすれば担当の方は単純にハンコ押すだけで済むのに、、、、と思ってしまう。今は申請者が手書きした日時や区間、氏名をわざわざ担当がPCに打ち込んでプリントして、ハンコを押すなんて面倒なことをしています。(他のこともそうだが、情報処理が出来る方やwebデザイナーを行政は緊急雇用すべきだと思う。PCが使えないのならば、使える人を雇えば良い)
 




 言うまでもありませんが、被災地のことを思って、決して目的以外で使わないようにしてください。本当に支援する人にこそ届けたい情報です。

是非ご活用を!

下記
東日本高速道路株式会社から転載


 被災地の災害対策本部又は各地方自治体等の公的な機関の派遣要請に基づき災害救助に従事する車両(以下「災害救助に従事する車両」といいます。)については、次の方法に従って通行いただくことにより、通行料金無料の取扱いを行っています。


1.災害救助に従事する車両で各地方自治体等が証明した「災害派遣等従事車両証明書」(以下「証明書」といいます。)の交付を受けている車両…災害派遣等従事車両

※災害救助に従事する車両とは
 1)被災者の避難所または被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資輸送車両
 2)自治体が災害救援のため使用する車両
 3)福島県にあっては、放射線関係車両(医療を含む)
追記6/8
中野区役所に問い合わせたところ、被災自治体からの復興支援要請のエビデンス(担当者の名前、メール記録等)がないと許可書が発行できないとのこと。
ほーら、パンクした。嘘をつく人よりもつかない人の方が多いと思うのだが、、、、
関連記事
[2011/05/06 11:01] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<来年は早生まれが多くなる。 | ホーム | 被災地ではマスクを。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/485-d4f6c92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。