[080224]Yellowknife
 夜中の3時ごろから空が晴れてきたので、外へ。ちょうどオーロラビレッジで観賞して戻ってきた人から聞くには、肉眼では見えないがフォトグラファーのカメラの中には何とか捉えられたらしい。私の目にはオーロラは映らない。朝まで起きていたが見ることは出来なかった。夜空にこんなにも思いを馳せたのはいつ以来だろうか。

 昼からミュージアムや湖へ。日曜であるため湖ではアイスホッケーやスノーモービル、パラスキー(風を受けて、陸上疾走するスキー)などを楽しむ人が見えた。
s-100_2371.jpg



湖は完全に凍っていて、冬は都市間の重要な交通路としても機能する。
都市間バスですら、湖やカナダ最大級の川の上を通っていく。道の概念が大らかな、極寒地ならではの光景だ。
s-iceb.jpg


 もう一つ考えさせられるのが、Floating House。水上に浮かぶコテージだ。
s-flohouse.jpg


冬場の今は地面に建っているように見えるが、夏場には湖に浮いている。今広大に広がっている土地は夏場に存在しないのだ。今、車で玄関前まで来ることが出来ているが、夏場は船でアクセスするしかない。土地とは何だろうと考えされられる。

中には動力を持った船のような住宅もあり、住宅のあり方の多様性を改めて感じさせられた。
s-flohouse2.jpg


また、フェスティバル用ではあるが、氷の湖の上に雪の住宅が建っていた。窓は氷で出来ている。icehouse.jpg



どうも、オーロラが見られそうにない。延泊するか検討中だが、2,3日伸ばしたからといって状況が良くなるかわからず、かといって、これよりバスで北に行くほどの装備がない。いつでも旅のルートの検討は頭を悩ませる。
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

[2008/02/24 12:27] |  -カナダ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<[コラム]チップ制度とコイン | ホーム | [080223]Vancouver→Yellowknife>>
コメント
いろんな家があるんだね。
[2008/02/28 20:53] URL | 岳 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/48-6e90cd32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |