スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
続:Oさんの手紙

今、たくさんの情報が直接くる。
現地からの情報だ。
自分が歩いていけば、自分と同じような考えを持った人にあう。
自分の道が、好き勝手にしてたようでも続いていたのだと思う。

現地で会った整体師の方からのメールだ。
******
今、10日ぶりに石巻専修大学にいます。
私がいない間に整体師チームの活躍によって数が増えマッサージなどの活躍が活発化したようです。
しかしNPO、市のボランティア事務所に変化なく継続的に会議と称した発表会です。
なぜこのチームがそこで活動していて今どんな状態にあるのか被災者側はどんなニーズがありどんな変化があるのか各頭が集まり会議するわけでもなくその日を終えていきます。
被災者側のニーズが刻々と変わり、人の心理状態は、どん底から上へと変わっているなかで、日中や平日にボランティアしてもニーズに応えられない活動もあるのです。古くからいるボランティア新しいボランティア、ある方は、考えが堅くなり、新しいボランティアは状況もわからずに活動し上に使われ終えていく。

私は、もう一度始めに戻って1人で移動して活動していこうと思います。
そこにニーズがあり、活動に賛同していける人が集まるのならその時にチームを広げていくつもりです。

今、スピードをあげて忘れさられている災害とり残されるのは立場の弱い人間
そんな恐さを感じます。


************

まだまだ現場は困っているんだろう。
ボランティアはもっと出来る!

もっと使えるように、人がそれぞれの領域を超えて(でばって)きてほしい。


どうしてもすぐに体が動かないひと、

手が動かせないひともいるのだ。

無理、出来ないという人が中枢にいる。

しかたない。


彼らに文句をいうのではなく、一緒の気持ちになってもらって

一緒に動いてもらおう。
関連記事
[2011/04/20 02:04] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 続:ボランティアに撤去自転車を! | ホーム | お節介ぐらいでちょうどいい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/479-e5ed564e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。