スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
このサイトは凄い。
三陸海岸都市の都市計画/復興計画史アーカイブ


少し情報upするのが遅くなっていますが、
明治、昭和の津波被害と復興計画がのっています。

正直、明治の時の復興がうまくできなかったところ、危険区域としたにも関わらず住民が戻った所が昭和の大津波で大きな犠牲をだしました。
昭和の教訓によって、またもや危険区域になっているところ、15m~30mの津波がくると予測されている所に今回、予想通りといってよいように恐ろしい津波が来ています。

どうしても市街化が進む中で新しい住民が、その危険区域に流入してしまったと悲しいながら言わざるをえない。しかし、住民がその情報を知るように広報しなかったのはいったいどういう経済論理の中にいたのか。のど元過ぎると熱さ忘れる、、ということなのか。

今回の被害は3度目の正直で必ず次世代に残した教訓としたい。

関連記事
[2011/04/18 00:47] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイトルなし | ホーム | ヒラリーさんと天皇の会談>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/474-55452e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。