スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ヒラリーさんと天皇の会談
ヒラリーさんはもう少し日本人の文化から入ってほしいなと思う。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110417/t10015375731000.html

ここは日本なのだから。
この会談を実現するのに、いろんな人が大変な努力をしたのだとおもう。
なにも、僕は国粋主義者ではないのだけれども、
多くの日本人がこの両者の挨拶をみて、敗戦時のマッカーサーと昭和天皇のツーショットを思い出した人が多いのではないかな。

単純に、一歩落ち着いてからお辞儀するだけで、たった2秒の所作だけでよいのだ。
ここはアメリカではないのだ。天皇に対して失礼、というのではなく、日本にいるのだからだ。


さてさて、人の振り見て我が身を直せ。僕らもそうだ。
欧米で知らない女性が前にいて、お店に入ろうとしていたら、先にさっと自分がドアを開けて待つぐらいの態度が取れるかどうか。最近、日本の自動ドアになれて来たのでなかなか出来ないもんかもしれない。

郷に入りては郷に従え。
ちょっと考えてほしかった。

残念。
関連記事
[2011/04/18 00:28] | 日本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<このサイトは凄い。 | ホーム | 管 有能 無能>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/473-1305d389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。