スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
中国より帰国しました
日本に帰国しました。

中国はいろいろと大変なこともあったけれども、日々エキサイティングで面白かった。エキスポ前後の2年を上海で過ごせたことは自分にとって非常に価値のあることだった。建築設計の信じられないほどのスケールとスピードそして杜撰さ。中国のいい面悪い面をいろいろ見ることができたし、中国を見る目も多角的になった。

 世界を旅し、現地研究し、仕事をしてみる。海外にいても様々な関わり方をすることで、都市の見方を増やすことができる。これによって、ひとつの街だけ理解できるようになるわけでなくて、「理解の仕方」を学ぶことができるようになった。

 中国に関しては捉えきれない部分もある、分かったのは僕が切り取った断面だけだ。それらの断面を重ね合わせたものが僕自身の中国観になる。断面的なものだけれども,僕にとっては貴重なものだ。
 中国に関してはまた思うところを書き足していきたい。

 帰国後すぐに日本ではない次のステージに渡ることになっていましたが、まずは都市計画の専門家として震災復興に力を注ぎたいと思います。他のどのプロフェッショナルと同じように自分の専門性を微力ながらも日本に役立てられることに使命感を持って臨みたい。


関連記事
[2011/03/22 13:39] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「講じなかったか」「講じられなかったか」 | ホーム | couch surfing>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/462-5083dfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。