スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
旅は日常の先にある


人生は旅に例えられるけれど、

だとすれば

逆に旅は人生と言える。

旅が人生だとすれば、旅をしなければ人生を,つまり生きていないといえる。



もちろんこれは言葉のトリック。



しかし、
人生は旅といえるならば、人生のいろんな場面こそ旅といえる。
旅というのは、何か未知なものを経験することと仮定してみる。
 なにも外国に行かなくても日常とは違う場所にいく、ないし非日常体験をすることも旅かもしれない。
いつもと違うレストラン、公園デビューも旅だし、新しい趣味を始めるのも旅だ。

小さい頃、ちょっと違う帰り道を通るのはそれは一種の冒険(=旅)だった。僕らはだんだんと小さなことに慣れてきて、いつの間にか電車で乗ることを旅とは言わなくなった。小学生低学年のころ、だれでも車窓を眺めるのが楽しみでしかたがなかった。

 日常の範囲が増えれば増えるほど、何か新しい場所に行くのも手間がかかり、新しいことをするのも面倒になる。 新しいこと=発見こそ旅だというなら、面倒を乗り越えて新しいことをしないといけない。そうして旅は人を成長させた。旅をしないと停滞してしまう。



さて、明日はどこへ行こう、何をしよう。

旅は日常の先にある
関連記事
[2011/01/25 23:56] | 旅コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<旅コラム「スキューバーダイビング技術が中国での旅行に役立つ件について」 | ホーム | 上海日誌-80「文明開化」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/453-c58b1577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。