スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
借金で日本がなくなるならば
来年度の予算が決定した。日本はあと10年もつのだろうか。国債発行額が169兆5943億円って一体なんだ。自分の給料の何年分、、ってもう、桁が違うな。1年1億稼いだって169万5943年かかる。輪廻を繰り返したって返せない。どうすりゃ良いのか、現実を直視できないほどの金額。
 
 僕ら30才前後は失われた世代、もしくは奪われた世代だ。23歳以下には何も残されていない世界。

教育は悪いし、社会システムは悪いし、頑張っても報われないような体制もある。当然やってられるか!って正当な理由もある。けれどそのなか問題視したいのは、日本がうまく行かないのは他国が悪いからだとする傾向も表れ始めている気がする。これはネットで顕著の動きだと思う。

 これは怖い。例えば職がないのを在日外国人が多いからだと、外国人を排他しようと動きがある。多様な人が都市に来るから経済が発達するのに、自分で首をしめるようになる。外国人からも見放された市場には経済活動はない。お互いの国が自国民以外を閉め出しては 世界が止まる

そして
現状への不満はますます加速する。

予言する。

あと5年以内に極右極左両方台頭して来る。
5年以内に街中で中国の国旗を燃やす日本人が出て来る。5年前中国で日本の国旗を燃やす光景をテレビで見て、なんと野蛮人なのかと思っただろうが、きっとその野蛮人が日本にも現れる。愛国を笠にして。見る人も違和感なく見れているかも知れない。

だから、怖い。自分以外の誰か/何かのせいにするのは。
権力のある人々が何も状況を変えようとしないのは許せない。だがそれに愚痴だけ言っていても仕方がない。変えようとして動くか、状況に対応するかだ。よくなっていってほしいが、現実的なオプションとして後者は準備しておく必要がある。
 日本はつぶれる。なくなる。日本はあと10年後に消滅する前提で行動指針を決めてみたらどうか。こんなに借金を抱えてもまだ、日本人にはそんな危機感はないのだろうか。危機感はあっても逃避しているんじゃないだろうか。60歳なら逃げ切れる。しかし、僕らの世代は逃げ切れない。

厳しいが やるしかない。

がんばんべ。
関連記事
[2010/12/28 02:07] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌79-「タクシー運転手の未来」 | ホーム | 上海日誌78-「中国ニュース」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/451-af1bce7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。