スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
上海日誌-56「音楽はエキスポで」
あまりに更新がないと広告が入ってしまうので、、、更新!

友達から連絡があり、エクスポで素晴らしいライブがあると聞き、仕事を早めに切り上げて夜8時からのライブへ。会社からは40分で会場着。
エクスポのエンターティメントホールでなんとアメリカ館の主宰でHarbie Hancock とDeeDee Brigewaterのライブ。
Harbie hancock は言わずと知れたJazz ピアニストの大御所マイルスデイビスのカルテットでも演奏していた。Dee
Deeも素晴らしい歌手で二人合わせてグラミー賞を19コも取っている。

そしてこのライブはエクスポ内の無料コンサート。夜チケットであれば90元で入れる。

ライブは最高!ハービーハンコックの暖かそうな手から奏でられるピアノに、声を楽器にするDee Dee,実に音楽を楽しむ事が出来た。
しかし、、、中国のコンサートホールは酷い。反射は悪いし、遮音は出来ていない。まぁ、このホールは臨時だとはいえ、もう少し頑張ってほしい。

あと気になるのは中国人のマナー、音楽をしっかり聞こうよ。写真やおしゃべりは辞めてさ。安いのはいいけれども、中国で音楽を聴くと若干不満が残るのはこのせい。


客は半分ほど200人ぐらいしか入っておらず、予約席やVIp席も座れる状態になっていた。(中国vip
席多過ぎ。)日本だったら1万以上する会場で、かつチケットが取れるかどうかわからないようなライブなのに、、、こんな素晴らしいライブに人が入らないのは広報が全く出来ていないから。
ライブの後にQQのジャーナリストやアメリカ館の副館長とも話したのだけれども、彼ら自身どこに広報していいのか分からない状態らしい。まだまだソフト面でも中国の手配は遅れているということだ。
これから世界中から素晴らしいアーティストが各国を代表して来るだろう、コレを見逃したくはない。なんとか情報源を確保したい。

ちなみに、
昼間さみしいキューバ館は何もないのだが、週末は最も賑わうパビリオンに変身する。仕事終わりの各国の職員が集まってダンスダンスダンス。
エクスポが大分身近になってきた。

だいぶ混んできたエキスポの各国館を見るのは大変だけれども、ライブを狙って行くのが上海在住のエキスポの行き方。
エキスポは市内のどこからもいけるし、エキスポの会場は広いけれど入る門を選べばすぐに行きたいところに行ける。

初めて行く人も、会場内ではまずはライブの情報をチェックするといいかもしれません。
関連記事
[2010/05/31 00:07] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本は終わってるかも、と思う時。 | ホーム | 上海日誌-55「上海エクスポ攻略法」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/420-fb7ddaf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。