上海日誌-53「街のレンタル自転車」
http://www.chinarmb.com/

街を電動自転車で走っていると色々なものを発見出来る。
これもそのひとつ。

上海自転車


上海のフランス租界の方にはレンタルチャリが設置されていた。固定されたステーションに留める形式のレンタルチャリ。事前登録したカードを使って自分自身で鍵を空けて使用するシステムだ。(でも、なぜか横に一人管理員が座っている。なぜ?)


 このようなレンタル自転車は既にヨーロッパでは至極一般的で、大都市であれば30分以内の使用は無料になっているなど市民の足として活躍している。元々自転車大国であった中国では在るが、レンタルとなると通常杭州などの限られた観光都市で、かつ自転車が走りやすい広々した街にしか置かれていない。

 さて、この自転車のシステムが特徴的なのは、このごちゃごちゃした街上海に設置されている事だ。はっきり言って、普通の観光客に自転車移動はおすすめ出来ない。ルールなどない無法地帯だからだ。ただし、このレンタル自転車の貸し出し位置をサイトで調べてみると、プラタナス並木が並び車の交通も比較的少ないフランス租界、徐匯区より南側で展開されている事だ。

 自転車も比較的おしゃれで実験的に進めているものだと思われる。この辺は貸し出し機関は民間とはいえ、市の当局に聴いてみないと詳しい事は分からない。(聴いても分からないかもしれないけれど)

 これからの春の季節、外の移動が気持ちいい季節だ。自転車で気楽に走れる上海になっていく一つのステップになればいいなと思う。

関連記事
[2010/03/29 04:51] | 上海日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上海日誌-54「中国でFC2ブログを見るには」 | ホーム | Ipadは世界を変える(ipadの利用法)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/416-42d5b946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |