世界で最も美しい墓
世界で最も美しい墓はどこだろうか。最も美しいと言わずともベスト10には入れたいお墓が吉野山の妙意輪寺にある。後醍醐天皇のお墓だ。宮内庁の管理所を通り過ぎ、境内の上へとあがっていく。脇は鬱蒼とした緑、天へと伸びる杉。そして高台にお墓が設置されている。
 このお墓には墓標はない。なにも中心には置かれておらず、墳墓でもない。奥に鳥居と門が在るだけ。周りは高い杉に囲まれている。人はここに立つと結界の先にある閉じた門とみたあとに、魂が宿っているかのような杉の集合を、そして空を見上げる。
 
 御霊は門を抜け森を通り、空へと昇っていったのだと感じさせてくれる、自然と一体になった美しいお墓だった。
妙意輪寺
妙意輪寺2





(このお墓、北朝南朝の時代,京に帰れず失意のまま亡くなった後醍醐天皇の墓だ。通常天皇のお墓は南に向けて作られるのが慣習であるが、後醍醐天皇の意思により、京に向けて、つまり北に向けて作られている)




 世界の美しい墓といえば、奥さんのお墓としてつくったタージマハルだとか、イタリアのカルロスカルパが作ったブリオン・ベガ墓地、ストックホルムのグンナー・アスプルンドとシーグルド・レヴェレンツの森の葬祭場、
アイルランドのnowth, Newgrange巨大墳墓、ピラミッドやペトラ言わずもがな、、、思えば世界中には美しい墓地がたくさんあるのだ。その中には多くの文化遺産も含まれる。
感動するお墓はそれらは自然に寄り添っていると思う。

僕には墓標はいらないが
自分が亡くなったときには美しい場所の一つ、ガンジス川に流してほしい。

関連記事
[2010/02/19 19:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ついに室生寺まで、、、 | ホーム | 上海日誌-49「内戦が起こっている。」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/tb.php/407-5cf85d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |